スポンサーサイト

--/--/--.-- Admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL l スポンサー広告 l  l ▲top

インストラクター講座 第2回

2006/11/28.Tue Admin
今日のテーマは「だし」。
かつおと昆布で一番だし二番だしを取るところからスタート。
昆布やかつおを引き上げるタイミングがこれまた絶妙。


今日のメニューは
・鯛のみぞれ仕立て
・かぶの射抜き煮
・イカの鳴門造り



イカはさばいて切れ込みを入れ、海苔としょうがを巻いて切る…と簡単に書くけれど、
丸ごとのイカなんて遠い昔に確か1回さばいたことがあるような…なので四苦八苦。
あしらいはぼうふう。初めて見ました…



鯛のみぞれ仕立て。鯛の切り身と舞茸をオーブンで焼く。
1番だしに水菜と鬼おろしを入れて煮立て、お椀に鯛と舞茸、出汁を張り、白髪ねぎとゆずを添える。
白髪ねぎは一枚一枚剥がし、薄皮を取って刻むという手間・・・・・。



かぶの射抜き煮。かぶはくり抜いて2番だしでしめじと一緒に煮る。
煮上がったら、海老、アナゴ、百合根、ぎんなんを入れ、
出汁にかぶの葉と菊の花を入れてさっと煮たら葛でとろみをつける。

今日のメニューは食材も豪華で、お正月などにとてもいいと思った。
ひとつひとつにとても手が込んでいて、とても勉強になった。
かぶは時間がかかったけど柔らかくおいしかった。また作ってみよう。
ちゃんと取ったおだしは味わい深くてすごくおいしかった。
しかし1番だしと2番だしを間違えるという痛恨のミスを…ごめんなさい…

今日は一緒に作った方二人がとても優しく、自然な感じで一緒に作れた。
手分けしてあーでもないこーでもないと迷いながら進める作業も
試食の時の会話も楽しかった。また組めるといいな。
スポンサーサイト

記事URL l お菓子・パン・料理教室 l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

野菜のおつまみ

2006/11/28.Tue Admin

私の周りにはお酒が好きな人が多くて、最近は「お酒に合う物」を色々考えている。
これが意外と難しい。

今日はお友達が遊びに来たので、野菜のおつまみ、煮物2種などを作った。
左上からニラ入りだし巻き卵、右がレンコンチップス、下がきゅうりのしょうが漬け、
左下がにんじんのきんぴら。レンコンチップスは少し厚めに切るとさっくりしておいしい。

素材を生かしたシンプルな料理って難しいな。もっと考えないと。

記事URL l ごはん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

2回目

2006/11/27.Mon Admin

一週間が過ぎるのって早い…今日は料理のお勉強の2回目。(詳細は料理ブログにて
ダシの取り方を学ぶ。何事も加減が大事と言うが、ダシは加減こそが命。

前回と同じ先生。講義の口調と模範調理の優雅なこと…またもやうっとり…
…していたのも束の間、調理は猛スピードで進むため、着いて行くのに必死。
調理だけでなく作法や素材の説明等等、書くことが多すぎてレシピは真っ黒…。
メモを数行書いて、先生を見るととっくにおいてきぼり(T-T)ぅわー

今日は調理で組んだお二人がどちらも笑顔を絶やさない人達で、調理中も
「こうかな?」「うん、大丈夫!」「綺麗にできたね!」とにこにこしながら作った。
試食の時も「おいしいね~」「これはこうするといいよね」って料理の話。

作るのも、食べるのも楽しい。料理の基本て、これだよなぁ、と思った。

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

氷点

2006/11/26.Sun Admin

土曜と日曜日の2夜。ずっと楽しみにしていた氷点のドラマ。
大学受験が終わった頃、担任のT先生に薦められてこの本を読んだけれど、
その時は心に染みてこなかった。なんかドロドロしてるなぁって印象で。

先日もう一度読み直し、ドラマを見た。
妬み、復讐、憎しみ、裏切り、陰謀、闇・・・。
雪だるま式にぐちゃぐちゃになっていく人間関係の中で浮き立つ愛やゆるし。
最後の、陽子の「流氷が燃えてる!」のシーンですべてがまとまる。
大人にならないと分からない感情の坩堝に巻き込まれ、脳内はずっとぐーるぐる…。
憎悪と愛は表裏一体なのかなぁ。ちょっぴり分かる気がするけれど。

夏枝を飯島直子というキャスティングにびっくりだったけれど、
あの目つきと葛藤の表情がぴったり。深い憎しみの中で際立つ美しさ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この週末は本当に色々なことがあり、この話と重なってつらかった。
生き方に王道やお手本はないから、手探りで進むしかない、だから迷う。
人の悪口ばかりだったり、自己中心的だったり、濁った気持ちや言葉を投げる人がいるのは、
きっとその人がひどく弱いからだ。
誰だって、自分という人生の映画の中では自分が主人公で、後は脇役だけれど、
自分を真ん中に置いて考えるのは、愚かなことだし、むなしい。

自分が絶対正しい!と思っていることなんて、多分そんなに正しくはないもの。
私が私が、って前のめりな人の、遠く遠くで生きてゆきたい。

「誰の心にも氷点がある」。
週末のしめくくりは、人の優しさに泣いた。色んな傷を拭えた。本当に感謝。
私も、そんな優しさを与えられる人になろうと思った。
言葉や態度だけでなく、心からの、溢れるほどの。

写真は、先日撮った富士山。
富士山が燃えている時もあるよ。

リンク→テレビ朝日・氷点

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

バラのキャンドル

2006/11/24.Fri Admin

おしゃれ工房を読んでいたらバラのキャンドルが載っていた。
「かわいい!作りたい!」と思い、家にあるキャンドルでやってみた。

熱い。くっつかない。すぐ固まる。割れる。うー難しい。
最後に小さい型にあまったロウを流し、その上にバラを載せて固めて完成。

「買ってきて6日目」のバラのようなへろへろの出来ですが、最初なのでこんなもんです・・・。
失敗しても溶けたロウに入れれば数秒で跡形もなく溶ける。はかないねぇ。
溶けるのも固まるのも早いので、準備して作り終わるまで20分ぐらい。
キャンドル作りは前からやってみたかった。プレゼントにもいいね。
楽しいよ。ちょっとハマりそう。

リンク→おしゃれ工房
    →ヴィーダフェリスキャンドル

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

背筋ぴーん

2006/11/20.Mon Admin

実は…(ともったいぶることではないが)
とある方に声を掛けて頂いたのがきっかけで、
本格的にお料理の勉強をすることになりました。
とはいえ仕事はあるし、調理師を目指すわけではない。(でも夢はあります。)
月に数回、専門の人から料理を教わるという…。週末はその初回がありました。

行く前にアフタヌーンティで手触りの柔らかいシンプルなリネンのエプロンを買う。
エプロンてまったく買わないのだけれど、今日は特別に…

生徒は20人弱。上級者向けのクラスなのでみんな真剣…
初回は日本料理で、先生は母ぐらいの方。
その先生が…ものすごおおく素敵な先生で、まずこの先生に出逢えた幸運に感謝した!
上品の極み、という立居振舞いと言葉遣い、豊富な知識…何もかもが美しく素敵。
「女性が憧れる女性」の見本のような方。こんな女性に出逢ったことなど…(;_;)

なんとここでは包丁の持ち方から学び直します。
作法も…ご飯は二回半で盛付けるのが小笠原流とか、知らないことばかり…
実習では「?!」な人と組んでしまったけれど、それも勉強…(組合せは毎回ランダム)

3時間超…緊張の連続で冷や汗かいた。調理も作法もこんなに気を配るなんて…
(食事中、隣の子がお茶を左側に置いていたら「右よ!」って怒られてた。ふわぁ~)
どの世界も深いけれど、料理の世界も深すぎる…底なしです…。
襟を正すような気持ちで、料理に取り組もうと思った。

まだまだこれから半年以上学びます…がんばる!!!!!!

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

インストラクター講座 第1回

2006/11/20.Mon Admin

今日のテーマは包丁。基礎の基礎を教えてもらいました。
優しく丁寧でエレガント、とーっても素敵な先生で、尊敬。

メニューは
・菊花豆腐のお吸い物
・ほうれん草の磯辺巻
・根菜炒め

と簡単なものでしたが、教わったことやメニュー通りにきっちり作ろうとすると
ものすごく神経を使うし時間もかかる。
目分量で作る癖が付いてるから「小さじ三分の一」とか書かれていると、うーん…面倒…笑
でもそれではいけない。本当に初心に帰って学ばないと。

お吸い物には海老、磯辺巻には湯葉や蟹が入り、ちょっとしたおもてなしに使えそう。
根菜炒めは大根、にんじん、はす、ごぼうと豚肉。
歯ごたえも味付けもとてもよかった。

今日は講座の初回で覚えることが沢山ありあたふたしたし、
組んだ人との作業のバランスがとれずにううむと思ったけれど、
教室に一歩入ったら、全ては勉強だと思った。がんばろう。

記事URL l お菓子・パン・料理教室 l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

ねばり

2006/11/19.Sun Admin
久々のレッスンはレディースデー。大半が雑談という楽しいひととき笑
ジャズエチュード難しすぎッス。き先輩はすらすら吹いていた・・・うおー。
最近今更ながらアンブシュアが安定しない。
そしてやっぱりジャズになると「絶対音感&移調楽器」は「不可能に近い」。
ちょっと今日は絶望的な気持ちになった・・・(ρ_ ;)

昨夜は夜中にひたすら春巻を作って揚げていた。(料理ブログ参照
誕生日間近のきさんにあげたくて(*´ェ`*)エヘ 先生ほかみんなにも配った。
そして今日は午前中にバウムクーヘンを焼いた。ハァハァ・・・
私「甘いのもあるよ?」 き「甘いのはBちゃんにあげてっ」って・・・笑
あとでちゃんとBさんにあげました笑

ユニット練習前に、先生とSさんとSMTさんと4人でティータイム。
先生の深刻な話に心がずーん、としたけどティータイムは楽しかった。
SMTさん「もう一個(食べても)いいっすか?」って笑
作ってきたものを目の前で「おいしー!」って食べてもらうのは嬉しいな。
何かを作って包んで、持ってくるというのは、想像以上に大変なのだよね・・・
でも、「おいしい!」って顔を見たり、メールをもらうだけで苦労が何十倍も報われる嬉しさ!
特にきさんのメールめっちゃ嬉しかった笑 また色々作っていくね。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「俺、練習してない・・・」「私も・・・」で始まったユニット練習。
だが1時間を過ぎた辺りからまとまってきて、最後はすじみちが見えた。
Sさんの音はどんどんまた変わってきて、ねばりが出てきた!
「ねればねるほど色が変わって・・・イヒヒヒ」(某CM
久々のピアノは楽しかった。弾いてるうちにほんわかした気持ちになった。
曲の仕上がりは、そば打ちで言うと、裁断の一歩手前・・・笑 発表会が楽しみだわ。


Sさんとお茶してとある人の話をして盛り上がる笑
その後、仕事がらみの人と銀座、ちゃんこダイニング若。
日曜の夜の銀座なのに、ほぼ満席!ほほう、なかなかおしゃれですな。(偉そう
噂には聞いていたけど、おいしいね。塩と鶏がらのさっぱりのお鍋は
野菜が山盛りですごくおいしい。体がしゃきしゃきする感じがした。
それにお鍋以外のお料理もおいしい!若乃花の手が小さくそれにもびっくり。

今日は疲れたけど色んな人の笑顔が見れて、あったかいいちにちでした。

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (3) l トラックバック (0)  l ▲top

バウム!

2006/11/19.Sun Admin
エルアターブルに載っていたレシピで、
バウムクーヘンを作りました。
フライパンでバウムクーヘンが作れるなんて!

バター120gを白っぽくなるまで泡だて器で練ったら、
砂糖100gを3回に分けて加え、卵3個も3回に分けて。
小麦粉80g、コーンスターチ60g、
ベイキングパウダー小さじ1を先ほどのボウルに
入れて練らないように混ぜる。最後に牛乳50ccも。
私はラムとバニラエッセンスも加えました。


あとは薄く焼くだけ。
1枚目は両面を焼く。
取り出しておいて、もう一枚をフライパンで焼く時に
片面が焼けたら先ほどの一枚を乗せる。取り出す…
以下繰り返し。
最後にアイシングでお化粧。
(まだ生地が温かくてアイシングが溶けかけ…)


切り分けるのは緊張しました…
ちゃんと層になっています!
とっても嬉しい瞬間。



三角に切り分けるより、四角く切る方が食べやすいしかわいいかも。
これは焼くのは少し手間だけど、生地作りは混ぜるだけだからとっても簡単。
おいしいしかわいいので、手土産におすすめです。
型抜きしたらとってもかわいいと思う。また作ってみようと思います。

記事URL l ケーキ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

餃子風春巻

2006/11/18.Sat Admin
最近気に入って作ってます。
中身はキャベツ、ニラ、ねぎ、にんにく少々、
豚挽き肉、オイスターソース、砂糖、
しょうゆ、お酒など…餃子と一緒。

コツはキャベツを刻んで塩を振り、
しばらく置いてしんなりしたら、
水をこれでもかと切る!何回も何回も…
手が痛くなるほど水を切る。

よーく練ったら春巻きの皮で包む。
これが慣れるまでは形がまちまちになり
美しくない…でも楽しい。

今日はお客さん用に冷凍するのも入れて、
30本ぐらい作りました。

深夜にひたすら春巻を包む女・・・


フライパンに油を2センチぐらい入れて、
揚げ焼き。パリッと美味しく出来ました。
時間が経つとどうしてもふにゃりと
してしまうのが残念。
揚げたてを何もつけずに召し上がれ。

記事URL l ごはん l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

天ぷら 魚新

2006/11/18.Sat Admin

弟の誕生日で、コレド日本橋。
毎年「普段は行けないお店」でお祝いすることにしている。
今年は天ぷら。カウンタで天ぷらなんて、めったに行かないから・・・

シンプルで綺麗な店内、丁寧なサービスと素材のいいあっさりした天ぷらに大満足。
コース以外にお好みで銀杏、あわびなど頼んだらいい値段に・・・(○д○)
あわびの天ぷらなんて初めてだったけど、おいしかった~

壁に掛かっているメニューに「丸十」とあった。
私「まるじゅうって何?」
弟「えー、知らない・・・あ、俺電子辞書持ってる(調べる)」
私「まるはすっぽんの意味・・・え~?すっぽんの天ぷらなんて・・・???」
弟「頼んでみよう。すみません、あれ下さい」
親父さん「まるじゅう、さつまいもね。」
私「え!さつまいも!?」
弟「・・・・・」

ごく普通のさつまいもの天ぷらが出てきました笑
後で父とこの話をしたら「薩摩藩の家紋が○に十だから丸十は薩摩芋だぞ。
そんなことも知らないのか?」と呆れられた。知らないよー!!(T-T)

写真は名物の天ばら。かき揚げを崩しながら塩で頂きます。くどくなくておいしい!


コレドのクリスマス装飾はマットゴールドに赤が映え、綺麗。
セレンディピティで欲しかった食器も買えて、とっても嬉しい夜でした。

リンク→天ぷら魚新
    →コレド日本橋
    →戦国武将家紋シール(欲しい!!)

記事URL l お食事 l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

クリーブランド美術館展と・・・

2006/11/11.Sat Admin
美術通?のTちゃんとモリゾ好きな私は、良く一緒に美術展に行きます。
前回はマルモッタン展、今日は六本木ヒルズの森美術館でクリーブランド美術館展。
時代別に作品が並んでいて、1時間半ほどかけてゆっくり観ました。

うーん、おもしろかった!!!!特に前期印象派の画家による様々な女性像は圧巻だった。
ラトゥールのマダムロワールはくすんだ色合いもタッチも素晴らしくてしばらく呆然としました。
あんな絵が家にあったら・・・・・・・・・・・・(妄想
モリゾ作品はなんと1枚だったけれど…ロダンの考える人も色んな角度で見られた。
時代の変遷、絵画や彫刻などとっても楽しめました。大満足。



歩き疲れて、ショコラドゥアッシュ。以前2回来たけど混みすぎてて…
3度目の正直。カフェでは二人で小さめケーキ3つをシェア。
「う。。。お・・いしい・・・・」って笑 絶品で思わず同じものを買って帰った。
さっき見た絵画について語る。私もTちゃんも、やはり印象派が好き。

アッシュのカフェは長居出来ない。なのでケーキを買ってさっさと出る。
「近くにハロッズのカフェもあるよ」と言うとTちゃんは目がキラキラ。
Tちゃんはイギリス通。私もロンドン好き…なのでハシゴ!
ハロッズのカフェはゆったりしていて落ち着いた素敵な雰囲気。
アフタヌーンティセットを頼むも・・・スイーツは写真の通り。本場ではこんな
でも味は良かった。(フォロー 店員さんも丁寧だし、コーヒーもおいしかった(フォロー2

アッシュはケーキ500円前後で意外とお手ごろなのに珈琲が1000円(しかも薄い
ハロッズはコーヒーが400円と激安(そして濃い)… 値段設定の基準て…


買ってきたステファンというケーキを翌日。もんのすごく濃厚で奥深い味。
本当は上のチョコレート(グラサージュと言います)が室温だともっと艶々しています。
冷やすとこうなってしまうのね。でも本当~~~においしい。
今年一番おいしいと思ったケーキです。ほかのケーキも美味しい。そして美しい。
濃厚なケーキが好きな方におすすめ。スィーツスナイパーのBさんもぜひ笑

今週末は沢山芸術に触れておいしいケーキにも出会えて、心が満たされました。
仕事と勉強、がんばろう!Tちゃん本当にありがとう!!

リンク→クリーブランド美術館展
    →ショコラドゥアッシュ
    →ハロッズ ブロンプトン

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

久保田一竹

2006/11/10.Fri Admin

河口湖に用事があり、それを済ませた後、母と二人で久保田一竹美術館に行きました。
なんでも舞夢というお能を見れるとのこと。
中はなぜかスペイン風?のカフェ。その前に舞台がどーん!
お客さんも数百人来ていて、立ち見も多数。



荘厳な雰囲気の中始まる。
現代音楽と能・狂言という組み合わせはなんとも不思議な空間。
テーマ曲はアルフィーの高見沢さんだし。
紅葉も最高で、引き込まれるような美しさが目の前に。



この衣装の色・・・手染めだなんて信じられない。
こおもてと般若を同じ方が演じられていたのですが・・・



この般若の面は、450年前のもので、レプリカではなく本当に450年保存されていた物だそう。
そしてなんと!これはあの秀吉がつけて舞った物だとの解説が前もってされた。
秀吉様…お茶々はここにおりまする…(←バカ
母いわく、般若の時は蛇になるのでうろこの文様の衣装なのだそうです。ふーむ。

とても素晴らしくて楽しかった。またお能を見に行きたいと思った。
そういえば功名が辻の茶々殿はすごいね。永作博美さんの迫力ある演技…怖い~~
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
その後美術館を見に行ったら、「辻が花染」の素晴らしい作品ばかり!
訪問着でもいいからいつか欲しいなぁ…と思い、後で調べたらシンプルな訪問着でも1千万弱。
そして美術館に展示してあるようなものはこの値段でした。覚悟してクリックしてください。

こんなもの楽天で売るなよぅ~~!!…ポイント300万円て!笑

リンク→久保田一竹美術館

記事URL l おでかけ・旅行 l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

フリーズ

2006/11/09.Thu Admin

さ、寒いですね。もう~冬が怖いです。
既述ですが私は極度の寒がりで冷え性。寒すぎて気を失ったことがあります。

駅のホームで電車を待っているとあまりの寒さに頭痛と吐き気が・・・
それに耐えていると突然、ふわっと全身が暖かくなったような気がした。
そして「パトラッシュ・・・なんだか眠いんだ」状態になり、気づくと駅員室にいました笑

すでに仕事中暖房・足元ストーブ・ひざ掛けしてるので1月2月は一体・・・(´Д⊂
誰か究極の防寒方法教えて!

写真は昨日、運転中にみつけた神社の紅葉。
空も澄み切っていて、こんなに綺麗な色合いの写真はめったに撮れないなぁと思いました。

記事URL l 季節・草花・風景 l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

好きなものとか好きな空間とか好きな・・・・・

2006/11/06.Mon Admin
3連休の日記。長いです・・・

記事URL l 日々のつれづれ l コメント (3) l トラックバック (0)  l ▲top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。