スポンサーサイト

--/--/--.-- Admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL l スポンサー広告 l  l ▲top

2014おひなまつり

2014/03/13.Thu Admin
2014_03_12_10_54_21
2014年3月12日
焼きメレンゲ三種。




2014_03_12_10_54_59
ずっと使いたかった桜パウダーと、桜の口金。




2014_03_12_10_55_32
甘さの中に塩気も感じて、ふんわりとした桜の風味。桜餅のような優しい味わい。
桜の口金はひとつ持っておくと毎年役に立ちます。

特殊口金さくら1F(大)【桜】

特殊口金さくら1F(大)【桜】
価格:367円(税込、送料別)

特殊口金さくら2F(小)【桜】

特殊口金さくら2F(小)【桜】
価格:324円(税込、送料別)







2014_03_12_13_56_58
桃のムースケーキは3層。
クッキー生地に桃のムース、上には桃のシロップを使ったゼリー。
配送なので型に入れたまま…。




2014_03_12_14_26_38
ずっと作りたかったおひなマカロン。
参考→cotta


2014_03_12_14_30_21
中はバニラ風味のホワイトチョコのガナッシュ。
レシピ失念。
ずっと作りたかったものなのだったので、満足…。
スポンサーサイト

記事URL l 焼き菓子 l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

焼き菓子2種

2014/01/29.Wed Admin
2014_01_27_14_27_25
ピエールエルメのレシピからサブレヴィエノワ。
ちょっとSのように絞るのがマイブーム…


2014_01_27_16_12_03
焼きメレンゲ。改良を重ねたオリジナル。




2014_01_27_16_18_31

あちこちには羽ばたいていきました。




記事URL l 焼き菓子 l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

お菓子教室2回目

2014/01/29.Wed Admin
2014_01_23_11_25_53
1月23日
2回目のお菓子教室を開きました。
今日は「ロールケーキ」。津田陽子さんに教わったフロール…
ほぼ全員が初心者さんだったので私もちょっぴり緊張。

ハンドミキサーが「怖い!!」と言ってる方がいたり、
メレンゲ立てすぎちゃってボリュームたっぷりになってしまう人がいたり、
巻き終わりからどどどっとガナッシュが出てしまう人がいたり…
ハプニングもありましたが、3時間でデモも含めて9本作りました!




2014_01_23_12_19_46
Sさんには今回も助けられた。
ちょっとしたことにすぐ気付いてくれてサッと動いてくれるのです。
オーブンに入れる時間が10分ぐらいと短いので、もうバタバタ。
でも、「ええと次は、、、」とふりむいたらそこに用意してあったりして。

・・・・m(_ _)m

みなさんがご自分の作ったロールケーキを大事そうに持って帰るのを見て、
御家族と召し上がる姿を思い浮かべ…幸せな気持ちになりました。

今日は本当にバタバタでした。
次回は時間配分など考えて落ち着いてできるよう努めます…。

記事URL l お菓子教室(主宰) l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

2013年クリスマス

2013/12/18.Wed Admin
2013_12_18_13_27_502013_12_18_11_25_35

今年はクリスマスケーキをことごとくお断りしてしまった…
体調不良といろいろな行事が続いたのです。
3か月前からお願いされていたものだけ、お作りしました。

キティちゃんシフォンと、かなりビター&ブランデーの効いた、ショコラのケーキ。

2013_12_19_18_18_36
パーティの様子、送ってくれました。
ありがとう!!

記事URL l ケーキ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

初めてのお菓子教室

2013/11/26.Tue Admin
11月25日月曜日

先月末、お友達から
「クリスマスに向けて、教室をしてほしいな~」と言われて即決。
とあるキッチンルームをお借りして、Sさんと二人で教室を開きました。

お友達の家で教えたことはあったけれど、
会場を借りて教室をするのは初めて。

2013_11_24_15_09_25
こちらは準備。粉と砂糖だけでこんなに…。
レシピは、私とSさんで調整したオリジナル!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今日はリクエストにより、シフォンケーキと、ロールケーキ。
Sさんはシフォンケーキ担当。

2013_11_25_11_22_27
メレンゲの立て方や、生地の混ぜ方…
シフォンは本当に難易度が高いけれど、お二人ともがんばっていました。
Yさん赤ちゃん前抱っこで…本当に頑張った(T_T)



2013_11_25_11_22_37
私の担当はロールケーキ。
津田陽子さんのアトリエで教わった「フロール」をベースにしたもの。

ガナッシュを仕込んでから生地づくり。
卵黄生地はこれでもかと泡立てる、けれどメレンゲは「立てすぎない」…。
ほどよく混ぜたら溶かしバター。
そしてボウルから一気に天板に流して、オーブンへ!


2013_11_25_11_37_21
12分で焼き上がり!
生地を天板から外すと「わあ~!すごい!いい香り!」と盛り上がり…
ふわふわしっとり、程よい弾力のある生地が出来ました。


2013_11_25_12_45_44
こちらは生徒さんの作品。
肝心の「巻き」、ヒヤッとする場面もありましたが…上手にできました!
もうみなさんの笑顔がこの上なく素敵でした。




2013_11_25_12_48_58
シフォンはまだ暖かいうちに型出ししたのでちょっと側面が崩れたけれど、
超~~~しっとりふわふわの出来上がり。さすがSさん。

フロールも今までで一番良くできたかな…。
ホワイトチョコのガナッシュも濃厚で生地と合う。



2013_11_25_12_49_04
最後は楽しい試食の時間。
「お~~いし~~~!」というセリフに大笑い。

準備が思っていたよりも大変だったけれど
ある方に、手を握られて「わからなかったところが全部わかった。
ぜひぜひまたやってください!!」と熱いラブコール。

嬉しかったです。
こちらこそまたよろしくお願いします。

Sさん、今日もありがとう。

記事URL l お菓子教室(主宰) l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

6時間耐久お菓子作り

2012/09/17.Mon Admin
2012年9月6日
贈り物でたくさんお菓子を作りました。
子供を幼稚園に見送ってから、急いで帰り…それからお迎えの時間までお菓子をひたすら作成!!

2012_09_06_10_16_10
①マーブルシフォン

まずはいつものこれ

からマーブルシフォン。
この本にはレベル別にシフォンのレシピが載っており、マーブルは上級のページ…。
2種類の生地を同時に作り、メレンゲを混ぜた後の固さを同じにして、合わせる。
「バニラ生地の上にココア生地が乗らないと失敗です」とのことで、緊張した…。

焼き上がりはまあまあのふくらみだったけど、きちんとマーブル模様がが出るかどうかが気になってました。
今回はカットせずにお渡しだったので、断面がわからず不安でした。




②生チョコ風ガトーショコラ

シフォンを焼いてる間に、新しく買ったこの本

から、ガトーショコラ。
濃厚なお菓子ばかり載っている面白い本。即買ってしまいました。

いつもは18cmで作るのだけれど、このレシピは15cm型だったので、
コルドンのときによく使った16cmセルクルで。
2012_09_06_12_02_30
すごい高さが出ました笑
いつものガトーショコラよりどっしりした感じ。
直径が小さくて高さがあるケーキってかわいいですね。今度からは小さい型も多用してみよう。



③キャラメルナッツのタルト


アップルパイでお世話になってるこの本から、以前より作りたかったナッツがぎっしりのキャラメルタルト。

2012_09_06_13_24_24
このピケ見たときびっくりしました!ピケローラーいらず笑 フォークでトントントントン…
これだと側面にピケの穴が出ないからキレイですね。

コルドンのTシェフが「タルトの横にピケが見えるのが嫌」と言ってたのを思い出した笑
この開け方だと空気の逃げ道が出来て、膨らまないのでタルトストーンもいらないのです。



2012_09_06_15_58_12
前日に試作したのですがナッツのローストが足りず香ばしくなかったので、
ロースト時間を長めにしてみました。

レシピではクルミだけだったけれど、いいアーモンドがあったのでクルミ+アーモンド。
アーモンドは、ホール、スライス、ダイスと3種類。

キャラメルは生クリームたっぷりで作り、ナッツと合わせてタルト台へ流す。
焼いているときは、ぶくぶく大噴火!という感じ。
焼きあがるとこんな風に落ち着いて、食感はフロランタンのようにガリガリ、ねっとり。


④バーチ・ディ・ダーマ



今日はイタリアのお菓子にも挑戦!イタリア菓子は、ティラミスとカッサータしかつっくったことがない。

本をぱらぱら…見たことのないお菓子がいっぱい。
イタリアの歴史とかお菓子屋さんめぐりなどもあって、見ていてとても楽しい。

しかし、この本…
作り手泣かせと言うか、正直言ってすごく不親切!!笑
業務用(?)の分量しか書いてないので、「栗の粉 500g」とか「ラード 300g」などと書いてあります(@_@)!!

そして致命的なのは、「何個分」など、仕上がりの分量が全てのお菓子において、書いていない!
いったいどれぐらい出来上がるのかがわからない…こんなレシピ初めて笑
そして大抵のレシピは「手に入らない場合はバターで代用」などと書いてあるのだが、それもなく笑

とりあえず半量で作ってみました・・・


2012_09_06_16_56_57
どれにしようかな~といろいろ考えたけれど、こちらのマカロンのようなお菓子に決定。
名前はバーチディダーマ、貴婦人のキスというらしいです(^m^)

ヘーゼルナッツパウダーを使うのね…ふむふむ、地方によって粉やガルニチュールはさまざま…
ということで、貴重なピスタチオプードルがあったのでピスタチオ+アーモンドプードルを混ぜて
焼いてみた。泡立てていない卵白だけを混ぜるレシピ。とても香ばしい香り!




2012_09_06_18_05_18
そしてビターチョコでなくホワイトチョコをはさんでみました。
けっこう大きくなってしまい、貴婦人のキスというよりは…ミニどら焼き?!

焼き立てをひとつ試食…あ。おいしい!
ナッツの風味がすごく強いクッキーです。これはまた作ってみよう。
半量でちょうどよかった笑

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

その後、⑤いつものガトーショコラ、⑥和三盆のシフォンケーキ、を作りました。
卵白に和三盆をどっさり入れて泡立てる贅沢…笑
和三盆でメレンゲを作ると、ものすごくキメが細かく、ふわふわつやつやにできました。

2012_09_06_18_10_52
こちらが生チョコ風ガトーショコラ。
中が気になるところですがカットせずお渡し。


2012_09_06_15_56_57
一息ついたらもうお迎えの時間。
帰ってくると「おなかすいたーいいにおいー」と大騒ぎ。
もうへとへとでしたが、これだけ他の方に手作りしといて、我が子に市販のお菓子与えるわけにはいかない笑
一緒にマドレーヌを作りました。


↑ お世話になってます笑

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

結局一日かかってしまいました。

2012_09_07_09_10_25
食べるのは一瞬だけど、その食べる瞬間の「おいしい!」のためにがんばりました。
包みも郵送なので簡素だけれど…いつもながら、台紙を切ったり、なかなか時間がかかる…。
冷蔵庫も満杯!!笑



2012_09_07_09_15_37
お菓子を初めて送る方にはいつものガトーショコラとほかのお菓子も詰め合わせ。


何を作ろうかな、と考えるところから、郵便局に持っていくところまで長かったけれど、
とても楽しいひと時で心地よい達成感でした。

気に入ってもらえたかな…

オーブンもお疲れ様。笑

記事URL l 焼き菓子 l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

cake notes 2012.06&07

2012/07/28.Sat Admin

2012年6月27日水曜日
2012_06_27_08_57_56
生クリームを使い切りたくてガトーショコラ。
近所のお友達に配る。ショコラの分量をかなり増やした特濃ガトーショコラなのでチョコ好きさん大喜び。
「ワインと合わせた!」と言ってくれる人もいて嬉しかったな。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


2012年7月5日木曜日

2012_07_05_09_10_41
中級試験&中級で一番おいしかったショコラ。リンク→当時の記事
今思うと試験中に写真撮ってるってすごい度胸…。そして、今となってはあの緊張感が恋しい・・・。

あの日はAndyさんに半分届けたっけ。リンク→Andyさんのブログ
その後何度か作ってぼっちさんにも「今までで一番」と言ってもらったり、
Mちゃんママのバースデーにも作ったり・・・思い出がいっぱい。
今回はNくんママのバースデーケーキの試作。



2012_07_05_09_10_52 
グラサージュだけつやつやのものに変えてみました。
指紋が付きそうでカット&フィルム巻くのに一苦労…
こちらもNくんママとご近所さんのもとへ旅立ちました。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


2012年7月10日火曜日
2012_07_10_15_16_19
しかし諸々の理由で結局メロンのケーキになったのでした笑
ジェノワーズ久々に焼いたので緊張した。

そういえばコルドンではメロンを使った授業がなかった。
うまくできるかなあと心配だったけれど、丸くくりぬいて水をよく切り、ナパージュをして…
生クリームはもりもり、トルネードに絞ってみました笑

ケーキをお渡しする日に限ってママさんランチ会が重なってしまい、
前日にジェノワ焼いて、帰ってきてからおお急ぎで生クリーム立てて、メロンをくりぬいて、組み立て。


2012_07_10_15_16_22
約1年ぶりぐらいにホワイトチョコのテンパリングをしたのだけれど、もう~ダメ。
温度計使ってるのに何度やっても固まらない。
室温が高いのと、たぶん、分量が少ないからだとは分かっていたのだけれど、
このネームプレートと上のちょこっとの飾りのために300とか500でテンパリングなんて・・・。

なのでもう無理やり少量でテンパリングしたものをフィルムに塗って冷蔵庫で固めた。
なんとかきれいにはがれたものを乗せたのがこれです笑

このお皿にカバーをつけてお渡し。
すごく喜んでもらって、お礼にエシレのマドレーヌ&フィナンシェをいただいた…
お礼はいらないとしつこく言ったのだけれど…でも嬉しいです笑 ありがとう。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


7月18日水曜日

2012_07_18_10_55_042012_07_18_13_31_30


去年に引き続き、Sちゃんのバースデーケーキを頼まれたのでお作りしました。
昨年は桃とフランボワーズのシャルロット
今年は桃とキウイのシフォンをリクエストされた。
桃は山梨のシロップ漬けがあったのでそれを使う。

高いのはpriceでなくheight。
シフォン21センチで作り、山部分をカットしても、ケーキ用タッパーぎりぎりの高さ。
フルーツを乗せてクリーム絞ったらもう・・・。
なのでマカロンと名前プレートはおうちで乗せてね、と別添え。

暑い中、Sちゃんママが取りに来てくれました。
お渡ししてから、「食べたよメール」が来るまでは気が落ち着かない。
いつも、写真と感想を添えたメールを必ずくれるSちゃんママ・・・
嬉しい言葉にかわいい写真を見る瞬間が本当に幸せです。

作り手の気持ちをわかってくれて、ありがとうm(_ _)m
また来年も作らせてくださいね!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

生クリーム&バースデーケーキが2回続いて、この時期なので手や器具の殺菌にはいつも以上に気を使いました。
パストリーゼ、何本あっても足りない。お弁当にもケーキ作りにも役立つし、普段これであちこち拭いています。
お子さんいるおうちには特におすすめ。


記事URL l ケーキ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

ガリガリ・ふわふわ

2012/07/23.Mon Admin

2012年6月23日
これで何回目?というのもおっくうなほど・・・子供がまた肺炎。
ぜんそく持ちだからすぐに風邪をこじらせ…。

2012_06_23_18_49_39
食欲もあまりない。
何が食べたいか聞いたら「メロンパン」というので作ることに。
クッキー生地にはバニラビーンズをこれでもかと入れた。
捏ねたり成形するのは一緒に。
機嫌が悪かったけれど、楽しんでやってました。



2012_06_23_20_39_41
2次発酵もうまくいって、外側はガリガリ、中はふんわりのメロンパンが出来ました。
おいしい~と1個食べてくれたのでよかった。
丈夫な体になってほしいものです…。

リンク→ガリガリメロンパン

最近、禁断の天然酵母に手を出そうかと…
お菓子以上に深みにはまりそう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


6月26日
2012_06_26_18_19_09
私がお菓子を作っていると、「私も!私も!」と手を出してくる。
しかし、人に差し上げるお菓子は絶対に触らせたくないので、「私も!」を未然に防ぐため笑
子供のおやつをまず先に作る。

これはエルメのレシピで、マドレーヌ。
初めてアルミの型で作ってみた。昭和にワープ!

混ぜる、型に入れる、粉砂糖でお化粧をする…3歳だからもうこれぐらいはできるようになりました。



2012_06_26_18_19_43
シェル型のほうが美しくて好きだったけれど、マドレーヌは一度に何個も作るため、
ブーレファリネ(型にバターを塗って粉をはたく)を何度もしなくてはならず…その手間を省いてアルミに笑
これはいい!なぜ今までこうしなかったのか・・・子供のおやつならこれで十分ですよね。
ちゃんとぽっこりおへそもできました。

エルメのレシピにはトリモリンが入っているし、アルミ型だとしっとり感が増してさらにおいしかったです。
また作ってみよう。


記事URL l パン l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

シフォンケーキ3種

2012/06/28.Thu Admin
2012年6月14日
AndyさんとSlackeyさん、そしてママ友へのお礼のためにシフォンを3種、4台焼きました。
2012_06_14_19_32_28
1日に4台焼いたのって初めて。
2台目をオーブンに入れた頃にはものすごい達成感があるのでそこで終わりたくなりましたが、
不思議と「もっと焼きたい!」「あと2台はいける!」という気持ちへ変化。

なんというか、ランナーズハイのような…ベーカーズハイ??笑



2012_06_14_19_41_13
理想の、型から煙突に向かってぷっくり盛り上がり、きれいに割れて焼きあがりました。
これは冷めた後なので煙突が上向きで置いてあります。
作り始めたころは型から上に盛り上がらず、なぜこんなにレシピの写真と違うのかとショックを受けていました笑

20センチの型は2個しかないため、洗って計量して焼いて冷ましてカットしてラッピング…と、
やること盛りだくさんでしたがとても楽しかった。
ジグソーパズルを完成させた時のような喜びにも似て笑



 2012_06_14_18_20_21 2012_06_14_17_10_59

左、焼いているところ。ほんのり焼き目がついたころ、ふわ~~~っと膨らんでくるのがうれしいです。
右、抹茶の型を外したところ。型はずしは研究の余地があります・・・・。




2012_06_18_10_54_26

左からマンゴー、抹茶レーズン、ミルクティです。
マンゴーは富澤のドライマンゴーを使ったけれど、あまりマンゴーの風味がしなかった…残念。
次回はピューレも入れてみよう。

抹茶は宇治の製菓用でないお抹茶。レシピでは甘納豆だったけれど、アレンジしたくて元パティシエのMさんに相談。
「レーズンってどう?」に「いいと思う!」との返答だったので作ってみた。こちらも富澤のレーズン。

右は定番になりつつあるミルクティ。水分量が多くて難しいシフォンです。
10回中10回、底上げにならないように挑戦中。私のお友達の中では一番人気の味。

Andyさんがブログで紹介してくれました~感謝です。リンク→Andyさんのとこ


レシピはいつものこちら。


友人のNちゃんが「シフォンを作ったんだけど失敗~焼きあがってひっくりかえしたら落ちてきた~」とメールをくれたので、
アドバイスしたのだけど結局成功までに5回焼きなおしたそうです。お疲れ様でした…m(_ _)m

作ってみるとその難しさに驚く人が多いシフォン…。
けれども、マカロンと一緒で、難しければ難しいほど作りたくなる不思議!

次からは変わったシフォンに挑戦してみます。


記事URL l ケーキ l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

5月に作ったケーキいろいろ

2012/05/29.Tue Admin

体調が良くなってきて、気分転換に色々作っています。

5月12日土曜日
2012_05_12_09_53_33
何の変哲もないただのシフォン・・・
に、見えますが、これは和三盆をたっぷりつかったシフォンです。

お誕生日に、Nちゃんが和三盆やら黒糖やら、高級なものを沢山贈ってくれたm(_ _)m
香り高くとてもいい和三盆だったのでもったいないけれど、良いものこそ、どんどん使わないと…と思い
ふわふわしっとりとろけるシフォンのレシピで作ってみました。

オーブンからは、和三盆の特有の甘い香り。
焼きあがり、少し口に入れると、ふんわりとそれが漂って「和菓子だなぁ」という印象です。
抹茶やバニラやクリームなんかと合わせたら負けて消えてしまいそうな、ひかえめで心地よい香り。
和三盆だけで、はかなくも心に残る風味が作られることに驚き。

未だに和と洋を組み合わせることに若干の抵抗があるのですが(^^; 
和の好きな方に、こんなケーキを贈るのもいいかもしれないと思いました。



5月16日水曜日
2012_05_16_13_37_29
とても暑かった日。山下公園にて、幼稚園のお友達の集まり。
シフォンを2種焼きました。
右のバニラシフォン。型出ししたら・・・わ~~~これが噂の「底上げ」~~~ (T_T)

焼きドーナッツの型 ↓ にそっくり笑


原因は、調べたら「下火が弱い」でした。
あえて、レシピより10度下げて焼いてみたのです。そしたらこんなことに・・・反省。
火は通っているけれど、なんともへなちょこなシフォンでした。

左はチョコチップがたっぷり入ってるチョコシフォン。
子供4人と大人3人であっという間になくなりました。
シフォンをむんずと掴んでちぎり取り、夢中でほうばってくれる子がいて、この上なく幸せでした…。




5月18日金曜日
2012_05_18_08_57_46

ふわふわに出来たフロール
SRちゃんママのお誕生日ケーキ。日付を間違えて2日遅れになってしまった。。。ごめんなさい。。。
シンプルにいちごと生クリーム。絞りは…(=_=)
巻き終わりをあえて手前にしてみたのだけどどうなんでしょうか…。
フロールは冷蔵庫に入れておくと、生地が締まって少し硬くなってしまうのが残念。

ランチの後お渡ししたら喜んでもらえて、SRちゃんが食べてる写真も送ってくれた。
この「食べたよ」メールを見るためにケーキを作っているといっても過言ではありません~~~~
嬉しかった。ありがとう、そしておめでとう!



5月22日火曜日
2012_05_22_15_00_29
コルドンで教わっていないものばかり、作りたくなる不思議(@_@)
こちらは定番ガトーショコラ。
久々にMちゃん親子と会えるので前日に張り切って2種類作りました。

ガトーショコラって不思議。あんなにねっとりとした堅めの食感になるのに、
メレンゲを一生懸命泡だてなくてはならないのはなぜ~

そしてふわふわに膨らんだと思ったら、しゅっと空気が抜けるようにしぼむ。
ヒビが入って全体が凹の形に出来ました。

もう一種類はミルクティのシフォン。写真は撮り忘れ…
紅茶をミルクで煮出して使います。
こちらは水分が多いので混ぜるのにスピードがいるけれど、驚くほどしっとり柔らかな仕上がり。
Mちゃんも手に取った瞬間「わ~!」と驚いてくれました。

簡単なランチの後食べてもらったら、どちらもすごく喜んでくれて、
あ~やっぱりスイーツが好きな人に作れるのって幸せと実感しました。

今年は珍しいレシピにも挑戦していきます。


記事URL l ケーキ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

てづくりいろいろ

2012/04/26.Thu Admin
3月30日
3月と4月は、とにかく家で横になることが多かった。
具合が悪いとはいえ、一歩も外に出ない日が続くと気がおかしくなりそう…(T_T)
なのでなるべくシンプルなお菓子を作って気分転換をしていました。

2012_03_30_10_05_46
いつもはルミさんのレシピで作るのだけれど、今日試したのはこちら。

 
押しも押されぬ人気のシフォンケーキ教室の本です。
しかし作り方が違うので戸惑ってしまい、チョコチップを入れたから…という言い訳では
済まされないようなぽこぽこの生地になってしまった。慣れるまで練習。

シフォンはハンドミキサーだから体力要らないのに、一台作っただけでへとへと・・・。
しばらくケーキはお休みすることにしました(+_+)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

4月2日
2012_04_02_10_18_16
子供と一緒にたまごサンドづくり。
私はおにぎりよりサンドイッチ派。バゲットサンドなどのハードなパンのものが一番好きです。

今日は子供も食べるのでパンはミルク多めの配合で、ふんわりしたものを焼いて。
マヨネーズ少なめ、塩はハーブソルト、胡椒は荒びきを少し多め、パンにバターは塗らない…。
とにかく懐かしい。素朴な味がとても好きです。

コルドン通ってる時たびたび実家に預けたのだが、朝6時に出る私に、
朝ごはんを特急電車内で食べられるよう、母がたまごサンドを持たせてくれた時があった。
この年になって母の手作り弁当は嬉しかったな。

先日テレビで、卵の黄身をクリーム状に練ってから、刻んだ白身を混ぜるというやり方をしていた。
今度はそれで試してみよう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

4月12日
2012_04_12_21_12_24
清見オレンジのジュースと、あまっていたデコポンをむいて、寒天ゼリー。
寒天の粉はちょっと増えただけでものすごく硬くなるので1グラムずつ計る時緊張します。
500mlに対して3グラム。プルプルに出来ました。
デコポンが酸っぱく、ジュースがさわやかな甘さで…家族に大好評。

右は、懐かしのレディボーデンをリクエストされ、探したら近所に売ってました笑 あまおうを添えて。
レディボーデン、先日新作(メープル)が出てたのでびっくりしました。
私はアイスは(身体が冷えるので)苦手だけど、寒天は体にいいしこれから工夫して色々作ってみよう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

4月20日
2012_04_20_14_28_00 
園生活も2週間が過ぎた。なぜか初日から慣れていた様子…。
最初は午前だけなので、帰ってきてお昼ご飯を食べたら、「遊んでー遊んでー」としつこい(T_T)

駆け回る体力はないけれど、カステラを一緒に作りました。
重たいハンドミキサーも一生懸命支えていて、「わあ~もこもこしてきたよ!お風呂の泡みたい!」
「私が(型に)入れるの!」オーブンを見て「ふわふわだよ~」と大興奮。



2012_04_22_15_02_17
レシピはこちらを参考にしました。
新聞紙を型にするのがちょっと抵抗あったけれど、まあ直接触れるわけではないので…

こちら、焼いてから、なんと3日間ぐらい寝かさないといけません(@_@)
焼きたてを試食してみたら・・美味しくない…ぱさぱさ…。
ラップに包んで、2日目、しっとりへと変化!!

素敵な方から頂いた京都土産、いちご味の金平糖。
私は金平糖とかざらめとか、じゃりっとしたものが苦手…。子供はじゃりじゃり食べておいしいと絶賛。
旦那さんも「カステラのザラメが美味しい」と…。私だけ好みが違う…。

奥はコレットマーレで買った青い鳥のマグカップ。
アンティークな色合いの青い鳥や、ひかえめな鳥さんが描かれているものを集めています。
リンク→torimizuki 特にcavallini&co.のイラストやハンコが好み。

ちょっとキメが粗くなってしまったけれど、初めてのカステラづくり楽しかったです。
また素朴なお菓子を作ります。

記事URL l ケーキ l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

マルグリット型でマドレーヌ

2012/04/18.Wed Admin
2012年4月7日
 2012_04_07_12_36_27
子供も旦那さんも「昭和のお菓子」なら好んで食べる。
プリン、マドレーヌ、ふにゃふにゃ皮のシュー、黄色いモンブラン、イチゴのショートケーキ…。
「ムース・オ・なんとか」とか、「なんとか・ド・なんとか」とか、そういうのはお願いしないと食べてくれない(T_T)
簡単でいいじゃない!と言われたこともあるけれど、せっかく製菓を学んだのに。さみしい・・・

子供はマドレーヌが一番好きなのでよく作るのだが、型が1枚しかないので、
シェル型に丁寧にバターを塗って粉をはたき、焼きあがって外したら洗ってまた型バター…すごく面倒。
しかしここを省くと「大変残念な結果」になるのでスキップ出来ない。

あまり出番のないマルグリット型。
これを使ったら一度で大きいのが作れる!と思い子供と一緒に作ってみた。
おへそのぽっこりは大噴火!という感じになってしまった笑



2012_04_07_12_39_25
綺麗に焼けたので、冷めたらぽっこり部分を横にカットして、
ひっくり返し粉砂糖。



2012_04_07_12_39_37
このマーガレットの形がかわいらしくて癒されるのですよね。
バターのいい香り。


2012_04_07_12_42_09
ふたつずつカットするとさくらの花びらのような、ハートのような、かわいい一人分になります。

感想ですが・・・・。うーん・・・。

側面のふんわり部分がなぜだかあまり美味しくないのですよね。
乾燥しないように包んでおいても、ふんわり部分がいまいち。

マドレーヌは、こんがり焼けた部分が美味しいのだということがよくわかりました。
あの型で焼かないと駄目ですね。勉強になりました…m(_ _)m

子供は卵を張りきって割ったり、もういいよと言うのにぐるぐる混ぜたり、派手にこぼしながら型に入れたり、
オーブンの中をじっと見て「わ~!膨らんでる~~!」と大喜びしたり。
片付けが大変でしたが面白かったです。

私が子供に教えてあげられることは限られているけれど、
自分も楽しみながら、少しずつ何かを与えていけたらいいな。


私が使ってるのは17センチです。
ゼリーやババロアにもつかえて、かわいいのでとってもおすすめ。


記事URL l 焼き菓子 l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

2月のお誕生日ケーキ

2012/03/01.Thu Admin

2011年2月16日
2012_02_16_13_24_23
2月は仲良しさんのお誕生日が6件。
しかも後半に集中しているので、連日ケーキ作り。

noboさんちのさーちゃん、タエさんちのちーちゃんが3さいのお誕生日!(おめでとう~!
お二人にケーキをお送りしました。
ケーキだけではさみしいので、色々添えて…。

すごく評判のいいスヌーピーのクッキー。
一番多い感想→「ス○ラおばさんのクッキーみたいでおいしい!」
最初は適当に丸めて作ってたのだけど、大きさが違うと食感が変わってしまうので計ってます笑




2012_02_17_09_35_26
タエさんちにお送りしたバナナシフォン。
何十回も作っているので、だいぶコツがつかめてきました。
noboどのの家にはスフレ生地で作ったロールケーキを。



2012_02_17_09_39_16
いつものフランボワーズマカロン、チョコチップクッキー、そして去年の秋ごろに
富澤で買ったミックス粉で、シュレッドチーズ入りのポンデケージョ。
タエさん、noboどの、ママともMちゃんのところに旅立って行きました。
特にマカロンの酸っぱさが好評でした。。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2月23日木曜日

2012_02_23_14_17_14

最近ロールケーキをいろんな人のレシピで作り、アレンジしたりして試行錯誤しています。
共立て、別立てのほか、パータシューのようにして作るスフレロール。
作り方はシューとほとんど一緒。じゅわ~っとした食感になる。うーん奥が深い。

この日は気合を入れて、午前中に3本、ロール生地を焼いた。
フロールで有名な津田陽子さんのレシピで作ったロール生地を3枚。
1枚を段にして、ぼっちさんのお誕生日に。

側面にフリルのように絞りたかったけれど、電車でお届けのため、崩れるのが怖くてシンプルに。
ぼっちさんちの薔薇のイメージでピンクにしてみた。
ナッペがうまく出来なかったので小さい写真で笑

中はイチゴと、フランボワーズのコンフィチュール、ホワイトチョコのガナッシュ。
夕方お届けしました。楽しかった~!

次の日、昨日の2本のロール生地をそれぞれ①ホワイトチョコ&ラズベリー、
②マロン、のクリームを巻いて、またチョコチップクッキーを30枚焼いて、Andyさんにお届け。

ケーキを郵便局で出して、そのまま実家へ電車で向かう。
実家にたどり着いた時は、達成感とともにさすがにちょっと疲れが…。
いつもいろんなイベントが重なってしまうのは、運命というかなんというか…。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2月28日火曜日

2012_02_28_14_58_502012_02_28_14_59_47

家族の誕生日で、リクエスト通りモンブランロール。
コルドンでは、モンブランはデモで学んだだけ。
モンブラン口金で絞るのは初めての体験。口金にもいろんな大きさがあって迷ってしまった。

津田さんのフロールもだいぶコツをつかんできた。
自分流に少しアレンジしたのが功を奏して、ふわふわしっとりの生地が出来ました。

中にはマロンペーストとマロンクリームを混ぜてから泡だてた生クリームを巻いて、
外にはモンブランクリーム。中にも外にもマロンのWマロン。ブランデーも利かせて。

モンブラン口金…予想以上に難しかった。
記録のために上から撮った写真。
上から絞って、最後の方でようやくまっすぐ…。

良く、個人のお菓子ブログでモンブランの線がガタガタなのを見て「なぜ?」と思っていたけれど、
自分でやってみてよくわかった。
コルネと一緒で、絞る速度が速すぎると歪んでガタガタする。

「のの字」に巻くのもようやく出来るようになりました。。。今までは堂島ロールのようだった。

どんなケーキでも、3回目あたりから何かしらのヒントを得て、
5~10回でコツをつかみ、それ以降でようやく少し満足のいくものが出来る。(自分の場合…

いつか、胸を張って「これは得意!」と言えるようなお菓子が出来たらいいな。
あと、ロールケーキ用のお皿で、いいの知ってる人教えてください笑

2012_02_28_22_28_32

チョコでちょうちょを飛ばしてみた。おめでとう!


記事URL l ケーキ l コメント (4) l トラックバック (0)  l ▲top

お届けもの

2012/01/30.Mon Admin
2012_01_27_11_32_51
月に2度だった矯正歯科も、月に1度の調整のみになった。
ブリッジは外れたけれど、後戻り防止のために透明なマウスピースをつける。
それも堅さや形が少しずつ変わるので、まだ通うのである。

3年通っている歯科は保育サービスもあるし、先生もスタッフの方も保育士の先生も
みなさん本当にいい方で、長年通って一度も嫌な思いをしたことがない。

今日の差し入れはいつものルミさんのバナナシフォンを歯科の皆さんへ。
たかこさんのダブルショコラにバナナを入れて保育士の先生へ。

今日のシフォンはちょっと焼き色が濃かったかな。オーブンの火力が強いので難しい。
生地は気泡がところどころ入った、本に乗ってるものに近い感じに出来ました。
シフォンは忙しい皆さんがちょっとつまめるように小さめにカットしてお渡し。

ショコラバナーヌは濃厚な感じで、しっとり。
みなさん甘いものお好きだから毎回喜んでもらえるのが嬉しい。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

こちらはAndyさんにお送りしたもの。
2012_01_21_17_59_38
ルミさんのバニラシフォン、たかこさんのダブルショコラ、
銀色のは平野顕子さんのアップルパイ、マドレーヌはエルメ。
家事の合間に二日かけて作ったけれど4品が限界でした。
でも焼き菓子は日持ちもするし送りやすくていいですね。




2012_01_22_15_33_56
Andyさんが送ってくださった写真。
アップルパイはカットせずにお送りしたので断面が気になってました。
かなりの厚みですね。アイスを添えてくださって、綺麗に盛り付けてもらって嬉しかったです。
ちなみにアーモンドは味のアクセントとして入れてみました。

ちなみに、焼く前はこんな感じ。リンク→バビーズ ここまで山盛りじゃないけれど笑 
リンゴを乗せると、「こんなに山盛りでいいのかしら…」 蓋するときは、「パイ生地破れそう~」 と心配になるのですが、
焼きあがればボリュームダウンして、しっかりリンゴにも火が入っている。

こちらのパイ生地の方が楽だけれど、暖かくならないうちに折り込みパイをたくさん仕込んでおきたいところ。
普通と逆折込両方仕込みたいのだけれど、パイを折る労力と掃除を考えると二の足…。
ともりん、がんばろう笑
Andyさん、また色々送りますね。


記事URL l 焼き菓子 l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

Kくんのお誕生日とアップルパイ

2012/01/19.Thu Admin
2011年1月11日水曜日
2012_01_11_11_30_20
昨年末からバター不足で、バターを使わないマカロンやシフォンなどにシフトしていたのですが、
Andyさんがこんなにたくさん送ってくださいました!!
本当に本当にありがとうございますm(_ _)m 感謝感激~~~
何を作ろうかな~?とわくわくしました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2011年1月17日火曜日
【送料無料】ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本

ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本


バターがあれば何でもできる!(猪木風)
まずはアップルパイを作ろうと、 松之助NYの平野顕子さんの本を買いました。
松之助NY、コルドンからすぐでみんなで行こうね、なんて言ってたのに結局いけずじまいだった。

去年の終わりごろ、Slackeyさんにタルトタタンを頼まれて作ったのはいいけれど、
リンゴの並べ方にコツがあることを知らず、焼成後ひっくり返したらリンゴが放射状に開いてしまった。
(マンゴーを格子模様に切って裏返した時みたいに笑)

困った挙句、学校で作った逆折込法のパイ生地が冷凍してあったので、
急きょそれで上を包んでピティヴィエっぽく模様を書いて、さらに焼いて、お渡ししたのでした。
それはそれで「パイがサクサクでおいしかった~」と言ってもらえたのでよかった…。

その後、他の方から何人か「アップルパイ作って~」と言われるようになり、
アメリカのベーシックなアップルパイも焼いてみたいなぁと思うようになりました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

試作として、その本の通りに作ったのがこちら。

2012_01_17_00_57_38

【送料無料】ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本
↑ 表紙のアップルパイと似てるように出来たかな?
なんでも、アメリカのアップルパイコンテストで優勝したレシピだそうで…

折り込みパイとは違って、バターをぽろぽろにして粉に混ぜていくやり方。
今まではこのタイプのはフードプロセッサでやってしまってたけど、本の通りスケッパーで。

フィリングも、生のリンゴをヨーグルトや牛乳、小麦粉(!)などと混ぜてあります。
混ぜた時に出てきた水分も、全部回しかけて焼くので、びしゃびしゃにならないのかと…かなり心配でした。
焼いている最中も隙間からマグマのようにぐつぐつ果汁が沸いてしたたり落ちていたし…(@_@;

見たことのない手順ばかりで戸惑いましたが焼きあげて、
味のわかるMちゃんに食べてもらおうと、カットせずに持って行きました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

そしてもう一品。今日のメインはこちら。新幹線ケーキ…のつもり笑

2012_01_17_10_28_02
デコの得意なKちゃん(元気かな?)笑わないで~~~
これでも一生懸命頑張ったのよ~~~!!!(T_T)

中身はルミさんのバナナチョコシフォンをスクエア型で焼いて、
バトンに2本切り、フランボワーズのコンフィチュールを挟んで重ね、端を斜めに切り落とす。
ここまで前日にやっておいて、朝デコってみました。

生クリームの硬さはちょうどよかったけれど、側面の青いクリーム(シャンティに色づけしたもの)を
塗ることの難しさと言ったら…。

そして側面のチョコの窓。こんな風に側面に書いたことはないので大変だった。
運搬時、チョコが滑り落ちてしまったらどうしようとか色々考えました…。

不安を抱きつつ作っていたら、子供が見て「うわあ~~!!すっごおおいい!!電車のケーキ!!!」と
目を丸くして大喜びしてたのでちょっと嬉しかった。
(自分に作ってくれたと思ったらしく、その後不機嫌に…笑

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

Mちゃんとスウェーデン料理のおいしいお店に行ってランチをした後、
子供を遊ばせながらお茶をできるスペースでアップルパイを試食。

カットして、気になる底は…びしゃびしゃになってない!?
小麦粉がいい感じに果汁を吸って固まっているので、中はしっとり。

パイ皮は、折り込んだパリパリのパイ生地とは違って、ザクザク!という感じ。
シナモンの風味とリンゴの酸味、べたべたせずふんわりバターの香りが漂う、ざっくりしたパイ生地。

アップルパイ、実はあまり好きではなかったのだけれど、学校で作ったものよりこちらの方が好み。
Mちゃんも「おいし~!」って喜んでくれて嬉しかった。
Bubby's 好きなMちゃんが認めてくれたからなおさら嬉しかった笑

これはいい勉強をさせてもらいました。今後はこちらを積極的に作ってみよう。


2012_01_17_23_05_28
帰宅後、Mちゃんが送ってくれた写真がこちら。
駅の標識?もクッキーで作ってみた。2さい駅と4さい駅の間ね!笑
「かわいそう」ってなかなか食べられなかったみたいで、Kくんかわいい~~
来年はもっとクオリティの高いデコレーションを勉強してお贈りするね。

Mちゃんいつも楽しいひと時を本当にありがとう!!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

平野顕子さんは子育てを終えた40代後半で単身アメリカに留学し、
お菓子の勉強をされたそうです。
夢とバイタリティのある人はすごいな、素敵だなって思いました。

アメリカのお菓子、シンプルで素朴で、面白い。
タルトなんて、ピケですら全然違うのでびっくり。(ともりん、今度教えるね

今度チーズケーキも作って、NYに詳しいあの人に食べてもらおう。

アップルパイ食べたい方、いつでもお作りします。


記事URL l ケーキ l コメント (4) l トラックバック (0)  l ▲top

クリスマス2011

2012/01/10.Tue Admin
あけましておめでとうございます。
年末年始、みなさんどんなふうに過ごされましたか。
私は目が回るほど忙しかったです…

年が明けてずいぶん経ってしまいましたが、今頃になってクリスマスのお話。

2011年12月21日水曜日 「怒涛のケーキ作りの始まり」

2011_12_21_10_20_55
今年はクリスマスケーキをたくさんの方からお願いされました。うれしかった!
それプラス、仲の良かった方には勝手に「作りますね~」と言ったりして。

24日に10台お渡し、とかはとてもできないので、
21日ぐらいからお渡しできるように作りました。

まずはパーツづくり。これはデコレーションに使う雪の結晶のアイシング。
加藤千恵さんの本からヒントを得て。

乾燥卵白を使い、ロイヤルアイシングのレシピで作りました。
グラニュー糖できらきら。たくさん作ってシリカゲルと一緒に保存。
けれども、ものすごく壊れやすい&水分に弱いので別に包んでケーキと一緒にお渡しです。

コルドンを終えた今でも、この本、いろんな勉強になります。





2011_12_21_11_34_43
最初に作ったのはぼっちさんちのシフォンケーキ。
最近ハマってるバナナシフォン。これはルミさんのレシピ。


書いてある通りに作れば、しっとりしてるのにふわふわに出来上がる。
超久々にナッペしたのでいまいちです…。

この後東海道線の某駅までケーキをお届け。
デコレーションしてあるケーキを運ぶのってものすごく気を遣う…ひっくり返したらお渡しできないから(@_@;

無事にぼっちさんまでおとどけできてよかった。
ぼっちさん、最寄り駅まで行くという私に「いいよいいよ~」って、中間地点まで来てくださったm(_ _)m
お茶をして、なんとSlackeyさんを呼び出し笑
Slackeyさんも、快く来て下って素敵なクリスマスプレゼントまで…これについてはパンダブログにて。

お二人ともいつも人のことを最優先して考えてくれて、子供のことも思い遣ってくれて、
さりげないやさしさで満たしてくれる。帰り道、ものすごく寒くてガタガタするほどだったけれど、
お二人に会えてよかったなぁと思いながら暖かい気持ちで帰宅しました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2011年12月22日木曜日 深夜 「とりあえず5台」

その日の夜、子供を連れ出してもらってケーキづくり。深夜までかかる。

2011_12_22_01_27_43
こちらもおいしい!生地から卵ロール。
卵は共立て、砂糖はグラニュー糖でなく三温糖で作ります。
厚みは3センチ以上。すごい弾力と膨らみ。
奥に見えるのは休ませているシフォンケーキ。




2011_12_22_01_29_21
ひっくり返して紙をはがしたところ。
最近多い、シフォン生地を使ったロールではないのでふわっふわではないけれど
しっとり、しっかりした生地。
濃厚なマロンのムースを巻くので、ふわふわでない方がいいかなと思ってこちらにしました。




22日の午前中。「飛んでけ~」

2011_12_22_10_47_51
スタンバイしているケーキたちです。
手前の二つはマンゴーレアチーズケーキ。これ最近一番おいしかった。
AoiさんとSlackeyさんへ二つとも手渡し。
すぐに食べる方はソースを乗せて、明日食べる方はソースは瓶に詰めて。

右のデコレーションはママともMちゃんへ手渡し。
お昼から夕方まで一緒に遊ぶので、おうちに帰ってからすぐに食べられるように。

奥のシフォンはnoboどのへ。左奥のロールは先ほどの生地を使って、Andyさんへ。
卒業試験で作ったマロンのムースと、サバトンのマロンをブランデーにつけたものをたっぷり、
中心にはバナナを巻きました。



2011_12_22_10_48_03
私のシフォンは、焼きあがるぎりぎりのところで(本の表示の5分前くらいを見計らって)
オーブンを止めるので、お皿に乗せてもプルプルするぐらいの柔らかさ。
生焼けすると取り返しがつかない(焼きあがるとひっくり返すので、生地が全部落ちることがある)
シフォンだけれど、どうしても焼きすぎの生地が好きではないので。

奥のシフォンはあまりに柔らかくてカット面が乱れてしまったけど、デコでごまかしてもらうことにして笑
おうちでお子さんとデコレーションしてね~と、郵送。
ロールやシフォンはお送りしやすくていいですね。

何を血迷ったのか、この日はドレッシングも作ってケーキと一緒にお渡ししたりして。
(忙しいときほどいろいろしたくなる。テスト前になぜか部屋を片付け始める気持にどこか似ている。)

5つのケーキは5つの場所に飛び立っていきました。
私のケーキが少しでも皆さんのクリスマスに色を添えてくれたらいいな。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

12月24日土曜日

2011_12_24_21_23_31
前日23日は子供のちょっとした行事があり、ケーキ作りはお休み。
そして自分の家のケーキはというと、子供のリクエストにより、こんなシンプルなロールケーキ。
生クリーム乗せて、フォークで適当に模様付けて、チョコとイチゴ乗せただけ。

こんな手のかかってないものに大喜び。安上がりです…

他にもいろいろと作ったのですが撮っている暇もなかった。
来年はもっとスケジュールを組んでケーキを作ろう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

12月25日日曜日

クリスマスの最後は、Nちゃんに頼まれて、Nちゃん邸のクリスマスパーティにお届け。

2011_12_25_15_28_12
久々に作った卒業試験のアントルメ。グラサージュ以外は上手に出来ました。
気合を入れて作るケーキは時間がかかるので、疲れますね(^^;

大人だけで総勢10名以上で、素敵な方たちが集まるパーティなので緊張でした。
ウェッジウッドのお皿で私のケーキもランクアップ…。切り分ける前にあわててパシャリ。




2011_12_25_15_33_50
上のアントルメ以外に、Sちゃんのお誕生日だったのでロール生地を使って2段のお誕生日ケーキ。
お子さんたちはお酒のきいたケーキが食べられないので、ロールケーキも追加しました。

二つお届けするのは大変だったけど、みなさんに「わ~!すごい!」「素晴らしいわ!」などと
誉めてもらえて嬉しかった。
マロンとロールケーキと、好みがはっきり分かれていておもしろかった笑
素敵なパーティに参加できて幸せでした。
Nちゃんありがとう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こうして私のクリスマスは終了。
生クリームだけで20パックは使ったかもしれません(@~@)
喜んでもらえて、勉強になって、いい経験でした。2012もがんばります。


記事URL l ケーキ l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

最近のパンと食べない子供

2011/12/21.Wed Admin
2011年10月24日
子供のご飯、皆さんどうしてるのかなぁ。
うちは、
朝→パンかホットケーキかおにぎり、フルーツ、ヨーグルト
昼→麺類(うどん、そば、パスタなど)
夜→和洋中イタリアンいろいろ 
がだいたいです。

子供はパンやホットケーキが好きなのでいろいろ作っていたのだが、最近急に食べなくなった。
少し前にSちゃんのおうちに遊びに行った時のランチ。
2011_10_24_12_19_13
バニラビーンズをたっぷり入れたホットケーキ。
ホットケーキミックスではなく、ネットで見たレシピを改良したオリジナル。
ホットケーキ、私はふんわりしすぎてスカスカのものよりも、しっとりやわらかいものが好きです。
これは最後に溶かしバターを少し入れるアメリカンタイプのもので、理想的に出来ました。

子供用、チョコを溶かしてアンパンマンなど適当に書いてみた笑
Sちゃんママはすごく喜んでくれて、Sちゃんもおいしいおいしいってたくさん食べてくれた。
しかしうちの娘ときたら、ひとくち。。。ほんとに一口食べて「もういらない」って…涙



2011年11月23日

2011_11_23_08_52_07
ネットで見たゾウさんパン。目はアーモンド、中はハムです。




2011_11_22_22_55_12
夕食後に子供と一緒に。
なんでも自分でやってみたい年頃。すべての作業を「わたしが!」って…

すごく楽しそうで、成形は「ママ、パンこねこね面白いね~」
二次発酵は「わあ~ふわふわ膨らんでる~」と大興奮。
焼きあがると「早く食べたい~~!」と言うので「じゃあ明日の朝ごはんに食べようね」と就寝。

翌朝、温めて「昨日のゾウさんのパン食べる?」とニコニコしながら言うと
「いらない」と一言・・・そして「おうどんがたべたい」。

・・・。

「おうどんは麺を買ってこないと作れないよ。あとで買いに行ってお昼ご飯にしよう」と言うと、「いやだ。」…。
「ぞうさんかわいそうだよ、ちゃんと食べてあげようよ」「いやだ。」・・・。
「どうして自分で作ったのに食べたくないの?」「ぞうさん嫌いだもん」・・・。
「じゃあごはんがあるからおにぎりにしようか」「おうどんがいい。」
「バナナとヨーグルトは?」「おうどん。」

・・・(怒)

「おうどんはないの。他の物を食べないなら朝ご飯はなしだよ!」と言うと、
娘は何を思ったのか突然ベランダに猛ダッシュ、そして

「ママはご飯を作ってくれない!!何も作ってくれない!おなかがすいたーーー!!」と絶叫。

ちょっと、え?何?何?!とわたしもパニック。
ちゃんと作ってるのに~~~!育児放棄してると思ってるのかなあ(@_@;
子供は何を考えているのかわからないわ。



2011年11月29日

2011_11_29_12_13_58
再びSちゃんちにお邪魔させてもらってランチ。
これは3色で、ハムオニオン、ツナコーン、シナモンオレンジだったかな。
四角い型で大きめに作りましたが大人2人に食べ盛りのSちゃんにはちょっと足りなかった…。

これも相変わらず娘は食べず。
普段のご飯も、盛り付けやらキャラ弁やら工夫してもしなくても、食べない。

以前保健士さんや保育士さんに相談したけれど、どの方も
「空気を食べてるの?ってぐらい食べない子もいるから平気ですよ~」
「小学校に入ればびっくりするぐらい食べますよ~」などとあっけらかんと言われるので
「そうか…」と気を取り直すのだが、せっかく作ったものを食べないのはなかなかきついですね…。

娘の好きなのは「しらすごはん」とか「たぬきうどん」とか…
筑前煮、切干大根、きんぴらごぼうなど和食は食べてくれるけどお肉は全般嫌い。
子供が嫌いそうなネギとかシイタケとか人参をたくさん食べる。
最近はブロッコリーを夢中で食べています…。変わってるなぁ。
もっと子供らしいハンバーグとかも食べてほしいな。
悩みは尽きません・・・。

記事URL l パン l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

おふたりのために

2011/12/11.Sun Admin
2011年12月10日金曜日
前夜、夕食後からシフォンケーキを二台を打焼き上げ、マカロンを40枚分乾燥させて就寝。
次の日にマカロンを焼きあげ、ガナッシュを作って挟んで出来上がり。

2011_12_09_10_58_50


最近シフォンケーキやロールケーキを作るのが好きです。
コルドンで習わなかったものを何故…と自分でも思うのですが、
少しフランス以外の国のお菓子を作ってみたいのかもしれません。バターも相変わらず入手できないし・・・。

今回はバナナシフォン。前々日に1台試作。家族からOKをもらったので贈ることに。
1台ずつ作るし、卵は別立てなので時間がかかります。
メレンゲを硬く泡立てた後、低速で泡を安定させるために混ぜる。
マカロナージュと同じで難しいなぁ。
これやらないと穴だらけになってしまう。でもやりすぎると膨らみません。

マカロンは、学校で習ったショコラのガナッシュ。カカオバリーの54%使用。
半分にはぶどうのコンフィチュールがあったのでそれを挟んだ。
コックの色はピンクとラベンダー色にしたのに、焼きあげたら同色のようになってしまった…・。
色粉の分量がまだわかりません。クレヨンみたいな色は嫌なので控えめになってしまう。




2011_12_09_10_59_01
もう生焼けでシミが出たり、焼き過ぎてガリガリになったり、
膨らまないとかピエが出ないとか割れたとか、そういった「大失敗!」はなくなったけど、
やっぱりつやつやにはなりません。もっともっと練習しないと。

このスイーツは、仲良くさせてもらってるお二人のために。
当日便に間に合うように娘と郵便局までダッシュ。
ぎりぎりに出して、ぴゅーんと飛んで行きました。
喜んでもらえたかな。バターが入手できたらまた色々作りますね。

記事URL l 焼き菓子 l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

毎日ケーキ

2011/12/05.Mon Admin
2011年11月30日水曜日
前日に3段ケーキを作って、翌日はこちら。
新婚のあんさんの奥さまのお誕生日ケーキ。

2011_11_30_16_12_46
土台はシュトロイゼル、真ん中にピュレを入れたクリームチーズベースのムース、
一番上がマンゴーのピュレ。側面にはオレンジのマカロン、アラザンつき。

デコールはチョコを飾ろうとしたけど、個人的にはチーズとチョコって合わない気がするのでフルーツ…
マンゴピューレがとろとろで、フルーツが固定できなかったのでこんな風に簡単になりました。
今度はジュレにしてみよう・・・。




2011_11_30_11_50_57
ずいぶん前から買っておいた冷凍マンゴピューレ。
ピュレなどはボワロンのものが好きで買ってるのだけど、他におすすめあれば教えてください~

電車に乗って都内までお届け。子連れでケーキ運搬は超~緊張!ケーキをひっくり返さないかとハラハラです。
無事におとどけできてよかった。立ち話だったけどあんさんも元気そうだった。

帰りが帰宅ラッシュで座れず、大人数に囲まれて子供が「ママ~怖い~~疲れた~」と
言っていてかわいそうなことをしてしまった…今度は車で届けよう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

翌日、12月1日木曜日
F会のMちゃんの結婚記念日で、ロールケーキ。

2011_12_01_14_36_40
最近ロールケーキのジェノワーズをふわふわに焼きあげる練習しています。
中は卒業試験で作ったマロンムースに、ブランデー漬けのマロンコンフィ、
お子さん向けにバナナ、チョコレートのガナッシュをバナナと平行に一本絞り。
「の」の字に巻くの、難しい…




2011_12_01_14_36_02
デコールは粉砂糖と、生クリームにマロンと金箔に、マカロン、ちょっとだけチョコ。
マカロンは、絵の上手なMちゃんが書いてくれたMちゃん親子のイラストを模写して書いたもの。
サントノーレの口金、久しぶりに使った…やっぱり難しいですね。

こちらも横浜から電車で30分ぐらいのところにお届け。
Mちゃん&Mくんが待っていてくれて、一緒にお茶をしました。
制服姿のMくんかっこよかったなぁ。もうすっかり大人の雰囲気。
でも、ケーキを見せたら「今食べたい~~」って子供らしい表情も見せてくれてかわいかった。
お土産も頂いて・・・Mちゃんありがとう。

お菓子に似顔絵を描くのは初めてだったけど楽しかったです。
今度余裕があったらアイシングで書いてみよう。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

12月2日金曜日
ママ友Mちゃんと、パンダ仲間さんであるミカさんにマカロンをお届け。

2011_12_02_10_08_59
ビターチョコのガナッシュに、フランボワーズのピュレで作ったコンフィチュール、オレンジピールで2種。
最近マカロンが安定して綺麗に焼けるようになった。
しかしマカロナージュを増やしてもツヤがあまり出ない…
アーモンドプードルをフードプロセッサにかけてから作る人などもいるので、作り方を変えてみようかな。

MちゃんはIKEAでランチしてる時に食べてくれて、「おいし~~」ってニコニコしてくれた。
ミカさんは残業続きでお疲れだったので喜んでもらえてよかった~。

4日連続でお菓子作り、ほぼ毎日お届けとけっこうハードでしたが、楽しかったです。

記事URL l ケーキ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

いまごろ誕生日

2011/12/03.Sat Admin
2011年11月29日
10月が誕生日だった子供のケーキを今頃になって作りました。

2011_11_29_23_29_38
渾身の作です…疲れたm(_ _)m
10月はとにかく体調が悪くてケーキを作る気にならず。
そのうち七五三があったり人から頼まれたケーキ作りでいっぱいいっぱいになのを言い訳にして
肝心の子供のケーキを作りそびれ・・・当の本人は気付いてないけれど…



2011_10_29_20_14_57
10月に実家ではお祝いしたのです。
でもまだイチゴが出ていない時期。そして実家には製菓器具がほとんどない・・・
やっつけ仕事で作ったのがこれ。缶詰のチェリーって昭和っぽい…
この時は旦那さんが来れなかったので、横浜でもお祝いしようと作りました。



2011_11_29_23_26_37
大きく見えますが、ロールケーキ1本分。

基本はロールケーキの生地(ジェノワ)を5センチ幅にカットし、
あまおうとキウイを細かく切ったものと生クリームをくるくる巻いていく。
長さを調節しながら3段作って、それぞれナッペして冷やして、重ねてスライスイチゴでデコール。
ナッペが適当なのは見ないでください…
コルドンも上級は全部グラサージュなのでナッペはほんと久々でした。

子供は「きゃ~~~!!」と大喜び。「ママ!ありがとう☆」とくねくねしながら言ったり、
翌朝も「昨日ケーキ良かったねぇ」「ママケーキ作れるんだねぇ」と興奮は続いており、
わがままが納まっていました。(一日しかもたなかったけれど…




2011_11_29_22_54_50
お祝いの時は魚介のパエリアに決めています。
あとはサラダ。キャンティドレッシングを作るとサラダがたくさん食べられるので・・・




2011_11_29_23_35_00
最上段が子供サイズ。ロールケーキひときれ分。
お祝いが遅くなったことを反省。
来年はちゃんとするね。

記事URL l ケーキ l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。