スポンサーサイト

--/--/--.-- Admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL l スポンサー広告 l  l ▲top

月の鳥DUO@ドルフィー

2007/09/25.Tue Admin
9月21日金曜日
夕方から横浜の矯正歯科へ…今日は調整日。
かなり歯が動いたので、先生も助手の方も、見るなり
「あっ!キレイになってきましたね(^-^)」「わーほんと!(^o^)」って嬉しそう…私もうれしい

でもその後恐ろしい治療が1時間続いたのでした…
噛み合わせを高くするため、奥歯にプラスチックを付けて削ったのだけれど
も~~~~痛くて怖くて…涙を必死で我慢した… 
そして…放心

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

桜木町のスタバでしばらく気を落ち着かせる…。
今日はジャズ系のライブハウスでいちばん好きなドルフィーで渋谷さん。

ドルフィーは野毛の怪しげな場所にあります。
広さや距離感やカウンターや客席…落ち着いた雰囲気がとても好き。

この看板にたどり着くとテンション急上昇。階段を登る。
Slackeyさんと一緒に来た以来!また一緒に来たいな~(´ε`*)




分厚い木のドアを開けるとカウンタにお二人が。
渋谷さんはいつものように水割り、時々ぷか~。
・・・見慣れた光景にちょっと笑いそうになる。

19:30スタートなので19:45に着いたけどやはり全然始まらないぞ…。
今までここでは渋峰しか見たことがなかったので、石渡さんとのライブは楽しみ。




渋「八時ぐらいからやろうか?」石「いいですよ…」という会話が聞こえ、
ようやく20時すぎからはじまった笑
CDの曲順で演奏という珍しいライブ!

優しいピアノ…柔らかいギター…あ~癒される(ρ_ ;)



今日は渋谷さんは顔色がすっごく良くて、見るからに元気…
ピアノも冴えてたし力強くて、ちょっとびっくりした。
何があったんだ?!笑 やっぱり「月の鳥」はいい曲だなぁ~

3曲目、渋さんは水割りをぐーっと飲んで「よしっっ」って…(心の中で爆笑
石渡さんのソロでその3曲目が始まるも、石渡さん、8小節ぐらい弾いたら間違えて
「すみません!!!」て。(客席苦笑&ざわつき
渋谷さんが珍しく気合入れたから?笑

聞いたことのない曲もいくつかあって、いいライブだった~~!
今日はセカンドあたりからお客さんもいっぱい。

あと数曲という時にふら~っと来たカップルがカウンタで聴いてたのもカッコイイ~
やっぱりドルフィーはいいなぁ~~。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ライブ終わりまして、渋谷さんに声をかける。

このLPは30年前のもので、オークションで入手したもの。
見せると「あ~ボクがまだ髪が黒い頃のだ。アハハ」だって笑
で、サインをもらいました。いつもの「どうもありがとう」の言葉。




しばらく色んな話をしてもらいました。
お話するの、いつも緊張するけど楽しかった~
見てのとおりのちょっとはにかんだ笑顔で、口調も優しいのです。
ますます好きになりました(´ε`*)

渋谷さんの素敵なピアノと笑顔に矯正の疲れも吹っ飛びました(^-^)
ありがとうございます!

今週末は予定が盛りだくさんでした。
スポンサーサイト

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (5) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷さん峰さん at ドルフィー 5

2007/05/29.Tue Admin
5月25日金曜日
今日は待ちに待ちに待ちに待った渋峰ドルフィー5回目。
そして…Slackeyさんとmaruちゃんに来てもらっチャッタ~!!

19:30に始まる予定だが、案の定渋谷さんが来たのは19:30過ぎ笑
始まったのは20時過ぎで、20時頃に来たSlackeyさんご夫妻は「余裕だったね」と笑 


やっぱり一曲目は「Lost in the Stars」..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・
久々に聴く、峰さんのテナーは変わらない、ほっとするやさしい音色…
コトバでは片付けられない、深くて味のあるメロディ。

Lost in the Starsが終わった時、Slackeyさんが「素敵~…!」と
言ってるのが聞こえて、嬉しかったー



渋谷さんは今日は調子悪かったのかなぁ?
ファーストセットはちょっとしんどそうだった
音数もいつもにもまして少なかったし…

今日は峰さんが曲紹介をきっちりしてくれてビックリ。
何度も聴いてる曲も「へぇ~そういうタイトルだったんだ」と笑
ちなみに今日も渋谷さんまで1メートルない席で見ております。

ファーストの最後は、「BLUE MONK」。
イントロ聴いただけで泣きそうだった(ρ_ ;)



ファーストが終わりまして…
真後ろで飲んでる渋さんと峰さんをバックに、こっそり&どきどきのパンダ撮影。
ドルフィーでパンダ撮影したことないよ…

譜面を見てなにやら真剣に話している峰さんと渋谷さん…
振り向いたらめっちゃびっくりだったろうな笑

休憩がまた40分以上あり、全然始まる気配がない笑



セカンドの渋谷さんは温度が上がった感じで、キレがあった!
何度聴いても好きです…

今日はSlackeyさんの旦那さまが、渋谷さんのことを
「音が出過ぎないのがいい」と言ってくださって大感激!!!
そうそう、そうなんですよ!(鼻息荒い

これを分かってくれるひとって、ほんとあまりいない。
かく言う私も最初渋さんのソロアルバムを聞いたら「地味…?」と思ってしまった
それが、聴いているうちにすごさが分かるというか、魅力にとりつかれるというか…
だから1セット聴いただけでそう言ってもらえて、ほんと嬉しかった!(*´ェ`*)

lostに始まりLooking Glassで終わるこの二人のライブ、今日も最高でした。



終了後、サインを頼む。渋すぎる横顔の峰さん…




私の持ってたCDにも渋谷さんが書いてくれた。
渋谷さんは「どうもありがとう」って書いてくれた。

ぎゃー(鼻血




写真を撮ってもらう。交代してSlackeyさんご夫妻も。
Slackeyさんが渋谷さんに「今日はよかったです~感激しました~」
と握手しているのを見てニヤニヤ…笑

何度も何度も何度もライブ行ってるのに、全然顔を覚えてくれない二人。

茶「この前の桜座で…」
峰「え?この前甲府まで来たの?」
茶「はい、終わった後お話しましたよ。渋谷さんと腕を組んで写真も撮ったのに…笑」
渋「え?!ほんと?(本当に驚いている」

まあいいや笑 リンク→証拠写真

峰さんにちょっとした知り合いの話をすると、私の顔を見て
峰「あ?!そう言えばずっと前にそんな話したよね?!」って1年以上前の話を…笑




峰さんはパンダ持って写真撮ってくれた~!!!

渋「なんでみんなそんなの持ってるの?」
茶「こういうサークルというか、ネット上で集まりがありまして…(分かりやすく説明」
渋「ふーん。昔のだっこちゃんみたい」

…って古すぎ笑

帰りに、Slackeyさんに地元で有名なモンマーロのパンを渡す。

今日は父の仕事を待っている間に「そうだ!」と車を飛ばして買いに行ってきた。
ふわふわの焼きたてバターロールを買いました。
そして一度家に帰り、横浜へ…今日も忙しかったなぁ(´д`)


今日もドルフィーのやわらかな雰囲気と渋峰お二人の素敵すぎる音、
一緒に観たみんなの笑顔に、ココロがフルに満たされました。
みなさんありがとう!!

リンク→Slackeyさんの記事

    →渋谷さんのブログ(独特の渋谷節に注目 

PS 渋谷さんカテゴリを増やしました笑

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (3) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷毅オーケストラ@桜座

2007/04/28.Sat Admin
4月28日土曜日
渋オケが甲府にキター*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*!!!!!




今日は渋オケのツアー?の初日で、甲府!!
・・・ということで指折り数えて楽しみにしていました。
まさか甲府で渋谷さんに会えるなんて…

今日は職場の人と叔父と、Hさんも東京方面wから駆けつけてくれました~~
お客さんはいっぱいで、柱が激しく邪魔な位置にしか座れず。



念願の渋オケ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
やっぱり峰さんのテナーはすごい。これだけ多数の楽器があるのに、迫力と安定感が違います。

曲が終わり拍手をするたびに、拝みたくなる…


「えーと・・・今やった曲は・・・ちょっと・・・名前が・・・長いので・・・
 まぁ・・・言うのがめんどくさいというか・・・まぁ・・・覚えてないというか・・・(ぼそぼそ」

相変わらずのだるだるっぷり。
(゚Д゚)?って顔してるお客さんもいて笑えた。


出番がない曲の時の、石渡さん。
ヤンキー座り(古い)で、タバコをぷかぷか・・・めちゃかっこいい・・・

しかしここは集音が良いのかスピーカーが良いのか、
曲中、石渡さんがタバコの箱をトントン、とやってタバコを出す音まで聞こえた笑


古澤さんが熱唱したり、ソプラノの音が出なかったりハプニングはあったけど、楽しかった~
林さんのBrotherって曲は秀逸だった。林さんの高音…フラジオ…

林さんのソロを見守る3人。孫の運動会を見に来たおじいちゃん・・・?
というより、渋さんだけ見ると競馬か競艇にいる人っぽい。



最後、渋「今日はアンコールないですから・・・」と言うが、拍手がやまない。
渋「じゃあ僕が一人でやります。。。」って言うのでえっ!!!と思っていたら、
渋「峰さん、一緒にやろう」って声をかけ、あと3歩で楽屋(酒・・・)という所にいた
峰さんがかなり面倒くさそうに戻ってきた…爆笑

二人でやるのはもちろんLooking Glass!!!
きらきらしてる音で、素敵でした。あ~ドルフィーも楽しみ…

-----------------------------------------------
終わって、タイミングをみはからい、渋谷さんに声を掛ける。
終了後10分も経っていないというのに、渋さんはすでにお酒でへろへろ、上機嫌・・・笑

以下、興奮気味なミーハー写真ギャラリー。

腕組んでいいですか?って聞いたら「腕だけでいいの?」って!
肩に手を回してくれたが、そのぎこちないことといったら。手の部分だけ合成っぽい。
そしてこのポーズ笑 「小学生?」・・・



私のカメラを見て、渋「それデジカメ?」って聞かれた。


渋谷さん、私と写真を撮るたびに毎回毎回毎回聞いてくれるのだが、
私のことは覚えているはずもないのでその都度説明している笑
「一眼レフデジカメです」って言って見せると、
なぜか撮ってもらうことに・・・

渋「私が撮ってまーす」って意味不明・・・
というか飲み過ぎ・・・


何を話しているのか・・・渋谷さんこの笑顔・・・笑


林さんもいたので撮ってもらう。

「写真いいですか?」「いいですよ」そしてすっと自然に肩を抱く林さん・・・ドキドキ
渋さんと全然違う・・・笑 



峰さんと石渡さんにも声を掛けて、撮ってもらいました。

にこやかで優しいふんいき。二人ともかっこいい・・・・・・オトナの男・・・はぁはぁ笑
このあとみんなで飲みに行きました。そこでもジャズのお話いっぱい。
泥酔する叔父に失笑する一同・・・すみません

生演奏は初めてという同僚、クアドラに続き二回目のライブのHさん、衝撃のライブだったみたい。
ほんと、ココロから楽しかった!! 
今日という一日が、最高の誕生日プレゼントでした。渋谷さんみなさん、ありがとう(*´ェ`*)

リンク→フリーズ状態の渋オケサイト

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷毅&石渡明広&松本治@アケタの店

2007/03/26.Mon Admin
3月18日日曜日
アケタへ。渋谷さんのライブは久しぶり。
やはりなかなか始まらない。
忘れたころ、いつものようにだるそうに始まった。


今日はすごくマニアックなライブだった笑
渋さんに慣れている私でも「え?」という感じ

7/8(テンポ)の曲なんて、(゚Д゚)ぽかーんでした。
「全然出来ませんから」って宣言してスタート、ほんとにバラバラになって
途中、渋谷さん大笑いしちゃってるし。

8分の7拍子の曲って…作った人は一体何を考えていたのだろう。。。
頭の中で7拍数えながら聴いていたのだが、こんがらがった笑

Body&soulはとっても美しかった。イントロでうるうる
どの曲のアドリブにも、うわーと思う綺麗なメロディがすっと入っている。
さすがだなぁ。この美しすぎるメロディが渋谷さんの魅力・・・


ジャズトロンボーンというのを初めてライブで観ました。
す、すごい。あんなに正確なピッチが出るんだ!(←かなり失礼



石渡さんは、いつものニヤリ。

アルバイト募集!みたいなチラシの裏に曲順が書いてあったり、
MCも本当にだるだるで、相変わらずの渋谷ワールドでした

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

帰り際、いつものように握手をしてもらいに渋谷さんのところに行った。

茶「すみません、握手してくださいー」 
渋「あー、はいはい」

いつもならこれで終わるのに、この日は酔っているのか、背を向けた私にいきなり、

渋「良かったですか?!あはは」(満面の笑み

って話しかけてくれた!!
 
ものすごくびっくりした私はあわてて数歩戻り

茶「あの、(動揺)…今日もすごく良かったですー」 
渋「あはは、そうですか、ありがとう」(上機嫌

茶「ええとあの、今度桜座にいらっしゃいますよね」 
渋「え?!」

茶「あの、桜座です」 
渋「・・・・?」

茶「甲府の、」 
渋「ああ、甲府のね。そうそう、行きます、あはは!」(声がでかい

茶「観にいきますー」
渋「あ、ほんと!それはどうも、お待ちしてますっ」(大声

会釈して、再び帰ろうと背を向けた私に

渋「お友達沢山連れてきてくださいね!」(って離れたとこから大声で…


飲みすぎるとああなるのですね…でも嬉しかった笑


リンク→渋谷さん

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷さん&峰さん at ドルフィー 4

2006/12/09.Sat Admin
2006_12_09_6.jpg
F会を終え、その足で桜木町。
前回前々回の興奮が冷めやらぬうち、4回目のドルフィー。↑今日は写真入り。

「今日は砂かぶり席で見よう」と早めに行き、ピアノの目の前の「渋谷席」をキープ。
案の定渋谷さんが来たのは開演予定時間から30分が過ぎた頃。(いつもどおり



ち、近い。緊張のあまりシャッター切れず。
これはようやくセカンドセットの時に膝の上に置いたまま撮ったもの。
今日も渋谷さんを穴が開くほど見てしまった。
ピアノの音が近いから、テナーの音に隠れずに綺麗に隣り合わせになる。
イメージは(もちろん別々に演奏しているが)ピアノとテナーのユニゾン。




足元もこのとおり。
今日はブルーモンクがなかったのが残念。でも初めて聞いた曲も数曲あって、
美しい響きに途中うるうるしてしまった。




終わって、峰さんに話しかけて曲名を聞いたり、写真も撮ってもらった。

峰さんとの写真はホットハウス以来・・・肩をむぎゅって笑
しかし、渋谷さんとこんな写真は撮れない。渋谷さんが女性の肩を、なんて!!

峰さんはいつもと変わらず、本当に優しくてあったかい人柄を見せてくれた。
峰さんを知らない人でも、この笑顔を見れば峰さんがどんな人か分かることでしょう


その後、渋谷さんのところに行く。
茶々「すみません、石渡さんとのCDお持ちですか?」
渋谷「ああ、ありますよいっぱい・・・」

で、買いました笑

今日も最高の音に包まれて、忘れられない夜がまたひとつ増えました。
ありがとう渋谷さん峰さん!

リンク→ドルフィー

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷さん&峰さん at ドルフィー 3

2006/09/30.Sat Admin

3回目のドルフィー。
妙な緊張感や透明な期待、渋谷さんを見に行く時はいつも独特の気持ちになる。
19:30スタートだけれど余裕見て20時前に行く。

え…峰さんソプラノサックス?!



20時になっても案の定始まる気配なし。なので飲む。持ってきた小説を読む…
酔いが回ってきたところで「さて」と峰さんが立ち上がった。
「はっそうだ今日は渋谷さんを聴きに来たんだ」と気付くようなタイミングで笑

やっぱり1曲目はLost in the stars。渋谷さんのキラキラしたソロ…(T_T)
曲決めの適当な感じとか、メロディの優しい自由さとか、
時間にも何にもせかされていない時のお散歩のような音の重なり!



今日の峰さんはすごい。なんか肩の力は抜けているのに音が冴えていて
流れるメロディはまばたきするのも忘れるほどだった!

曲の途中でリードチェンジ。
変えた直後の音が全然違っていて驚いた。

いつもが「春先、しとしと雨の夜更け」だとしたら「プール日和の真夏の午前中」だった笑
そして曲が終わる頃にはいつもの音になっていた…すごい
生々しい音、すごく生命力を感じる音だった


話は変わるのだけれど…
おととい、ずっと見たかったミリオンダラーベイビーのDVDを買って観た。

ただの「ボクシングする女の子の話」だと思ったら、絶望的に逃げ道のない
もんのすごい展開
になってしまう映画で、息が詰まりそうになった。
「どうすればいいの!なんて気持ちにさせてくれたの…」と猛烈に後悔をしたのだが
昨夜もまた観てしまった…。なんだこの引きずるほど重く悲しい結末は!

…その影響で今日は二人がクリントイーストウッドとモーガンフリーマンに見えた笑
あまりにぴったりだなぁと思いつつ。





今日は「間」が絶妙でドキドキした。渋谷さんのグリッサンド、自然で大好き。
穴が開くほど指先を見てました。ああこんなのもありなんだと沢山勉強になった。

渋谷さんのピアノはとてもシンプルでやわらかく、静かでとても優しいのだけれど、
悲しさとか重さとか暗さとかマイナスの要素をまったく感じない。


酔っ払って大声で騒ぐ人、拍手が過剰な人、居眠りでぐらぐらな人、
(そのほとんどがおっさん)はものすごく嫌いなのだけれど、
今日はそんな人たちが目の前に3人もいたのに、まったく気にならなった。

もう渋谷さんの音しか耳に入らず。
恋です恋!


帰りに渋谷さんと握手(恒例)をしてもらったら、話しかけてくれた(!
最近頻繁に言ってたから顔を覚えてくれたみたいで
「ピアノやってるの?頑張ってね」と言ってくれたのです。

話ができるだけでも初恋の中学生のようにドキドキでうれしいのに、
帰り道、笑みを隠し切れず。
さっき録音した音を聞きながら23時の横浜をにやけながら歩く…危ない人…

今日も行ってよかった。
これからもずっとずっと美しい音を聴かせてください。



第46回ACC CMフェスティバルでライフカードのCMがグランプリ取りましたね!
渋谷さんの曲だからひそかに嬉しかったです。
こんなコンピレーションアルバムでついにCD化。

リンク→ライフカードCM

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷毅セッション at アケタの店

2006/09/08.Fri Admin

Sさんに誘われ西荻のアケタにて渋谷さんのライブ。
ライブハウスは地下にあることが多いし暗い雰囲気のとこが多いけれど、
なんだかアケタは入り口からただならぬオーラを感じた…


中は予想以上に狭くごちゃごちゃ。
狭いって言ってもホットハウスほどではないが…
メニューも不可思議で、「特選缶詰・豪華皿にあけます」って・・・笑



今日も渋谷さんに釘付け。だんだんお酒が回ってきているのが分かる…笑
今日発見したこと
・明らかに左手はタバコを持って弾いているだろうという時があった
・ソロの人をはっきりではなくチラ見する
・いつも足を組んでペダルを踏んでいるが、今日も組んでいて、しかも
 上になっている方の足でペダルを踏んでいた(驚愕)


今日のライブはなんというか・・
普通の音楽をやりすぎてしまい、変な方向に進んで気持ちよくなってしまった人達の音楽
っていう感じでした…(主観)
「キキキキー」「ドンドン」「ジャーン」みたいなノイズ系の曲もあり。
Sさん「こういう感じだって言っとくの忘れてたごめん…」って笑
今まで正統派ジャズの渋谷さんしか聴いたことなかったからびっくりでした。



何かにのり移られたかのような超絶的なリズムを刻む外山さん…
シンバルにスティックを立てて回転させてます…。
渋谷「何の曲やる?」
石渡「いや、俺に聞かれても」って・・・苦笑


トランペットと横笛と変わった楽器を多用する沖さん。
只者ではない風貌と音。

最後のNow's the timeはすごーくよかった。清涼剤だと思った
飛び入りで来た方の摩訶不思議な詩の朗読が始まったり、
見てはいけないものを見てしまったような曲もあり、
ショッキングなライブでした。

でも面白かった!ライブに行くと毎回、
緊張、興奮、感動、笑い、勉強、ムカムカ、がっかり、驚き、満足、があるけれど
今日ももれなく全部入っていた!笑

また渋谷さんと握手して帰ってきました。
しかし絶対私の顔覚えてないだろうなぁ・・・

リンク→アケタの店
   →その日のライブ

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷さん&石渡さん at なってるハウス

2006/07/28.Fri Admin
木曜夜、札幌のホテルで仕事をしていたらSさんとメッセがつながる。
茶「明日渋谷さんのライブ行ってくる」
S「おおお!俺も行きたい!」と即決。(この記事も長いです。)

金曜日、羽田から入谷に直行するはずが、どうしても新宿に寄らねばならず…。
それでもビックカメラに駆け込みR-09を購入。(これについては後述

結局入谷に着いたのは8時前。Sさんと合流。
S「渋さんのライブいつ以来?」
茶「ドルフィーかなぁ?」
S「(渋谷さんに)会いたかったでしょ」
茶「うん…もう言葉にならないほどに…(遠い目」
S「もはや恋ですなぁ」
茶「恋ですな…(さらに遠い目・吉田栄作風」
S「なってるハウスってさぁ、ステージの真横に入口があるのね」
茶「へー」
S「前、渋オケ見に来た時なんて開けたら峰さんの背中がどーん!」
茶「(爆笑」

などと話しつつ、なってるハウスに到着。緊張でおでこが熱くなった。


ドアを開けると渋谷さんがいきなり奥のソファーに寝そべっている!(心の中で叫ぶ
この記事のまんま!
石渡さんは帽子を目深にかぶり本を読んでいるし、初めて来た人には絶対
誰がお客で誰がミュージシャンなのか判別不能かと…笑
お酒を飲んでゆるりと待つ。やはり始まったのは20:30前。渋谷さん寝てて起こされてるし…



ようやく始まり、1曲目は軽やかなリズムのかわいいメロディの曲だった。
♪シードミレッドッ ソーラ~~(変ホ長調
石渡さんと今度出すCDからの曲で、タイトルは未定らしい。耳に残る旋律!

渋「4分の7の曲…やろうか」
石「(楽譜)持ってないです」
渋「じゃあやめた(あっさり」

渋「あれは?♪ららら~りら~」
石「・・・・・・」(無言で弾き始める
っていつもの調子…笑

MCはぷぷぷって感じで笑いっぱなしだったけど曲は真剣に聴いた。
タリラリぶるーすが聴けたのはとても嬉しかった。あれは本当に好き。
渋谷さんが「大好きってわけでもないけど結構好きなんだよねコレ」という
感じで弾いているような気がする笑

2ndの渋谷さんのソロなんて耳を研ぎ澄ましTOEICのリスニング急に真剣に聴いた笑
らぶみーは速いテンポのしか聴いたことがない。一度CDと同じ位ので聴いてみたいな。

今日もやはり、渋谷さんの音は変わらなかった。いつもよりだらり感倍増だったけど…笑
なんて美しく澄んだ和音を押さえるんだろう…うるうる(⑧_⑧)



石渡さんのギター、不思議な音色だったなぁ。
渋谷さんのピアノと似ているのは「邪魔しない」「前に出ない」こと…?
ふんわりバニラの香りの焼き菓子(特にフィナンシェ)みたいな音だった(分かりづらい
甘くあたたかい空気にとても癒された。お二人のCDがとても楽しみ。

終了後、S「そろそろ出る?」茶「ちょっと待って、渋谷さんとこ行って来る」
お酒を飲んでる渋谷さんに、つつつと近づき「今日も良かったです」と握手してもらう。
どなたかとお話中に強引に割り込んだにもかかわらず、嫌な顔せず
「また聴きに来てくださいね」と笑顔&神の声…
にやけ顔で戻ってくる私にSさん、「あんたすごいよ…」ってぷぷ。
「もう今日は手洗わない」という私に失笑するSさん。

1曲目のフレーズを口ずさみながら帰路。
S「渋谷さん関係全部見に行きたい」
茶「私も~」
S「ハズレないもんな」
茶「うん、絶対ハズレない。もっと聴きたいなぁ…」

今日も言い表せない気持ちで胸がいっぱいになった。旅行疲れも瞬時に立ち消え!
渋谷さん、素敵なピアノを今日もありがとうございました。

リンク→なってるハウス

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

渋谷さん&峰さん at ドルフィー 2

2006/05/19.Fri Admin

渋谷さんと峰さんのデュオを観に、ドルフィー
平日のライブはきつい…。仕事1時間早く切り上げて甲府から電車に飛び乗り桜木町。
ドルフィーは2回目。前回もこのお二人のデュオだった。
19:30開演なのだが経験を踏まえ、19:45に到着。
このエントランスを見ただけで胸キュン…笑


ドアを開けると、カウンターで並んで飲んでいる峰さんと渋谷さんが振り向いて目が合う。
やっぱり…まだまだ始まる気配すらなし 笑
ここまでの道のりに息切れしたのでしばらくボーっとお酒を飲んで待つ。

お店の方「リハが終わるまで前の方には座らないでください」と。
「リハなんてあるのかなぁ…」と思っていると8時回ったあたりで
「んじゃ」ってようやく重い腰を上げるお二人。
お店の方「え?リハなしですか?」「うん」って…やっぱり…この二人にあるわけないって笑




一曲目はやっぱりLOST。渋谷さんのソロが長めのバージョン。
途中の転調する所のアドリブがすごく綺麗で、「うわぁ」って思ってまた泣きそうになった。
Blue monkも「うわぁ」って思った。



今日はもう、ほぼ渋谷さんしか見てませんでした…
曲のれびゅーは省略するけど、いいライブでした・・・
乾いたココロがしとしと静かに降る音の雨に、ゆっくり潤されるような。
「ああ今日、本当に来てよかったなぁ」とかみしめた。

最後にルッキンやった後、お客さんがしばらく拍手してたんだけど
峰さん、「さあ飲みましょう!」「さっきの曲がアンコールです」って強制終了・・・笑
(前回のアンコールは渋谷さんがすごく短い曲を、だるそ~に椅子に斜め座りして
ノーペダルで弾き「はい終わり。」だった・・・笑)



終わってフライヤーを眺める渋谷さん。
カメラスタンドが邪魔ですが、もうほんと後光が差して見えた 笑
タバコをくゆらせる横顔…萌えー。じっとり見つめてしまった。
もしかして…これって…恋…?!( *´,_ゝ`*)ウフ

今日もお二人にココロからの、めいっぱいの、熱ーい感謝。

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (0) l トラックバック (0)  l ▲top

峰厚介&渋谷毅&林栄一 at HOTHOUSE

2006/04/30.Sun Admin

もう今日のことは何から書いていいのかわからない。
ものすごく長いので、興味のない人は疲れることうけあい。よって見なくてもいいです笑

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今日は何ヶ月も前からずううぅぅっと楽しみにしていた渋谷さん&峰さん&林さん。

私と、ユニットを組んでいるSさんは、とにかくこの3人の大大大ファン。
何百回もCD聴いてるし、コピーしてるし、ライブも行ってるし、
練習しながらいつもこの方々の話ばっかり。(私は特に渋谷さんが大好き)
音楽も人柄も好きで神様級に崇拝しているのです。言葉では追いつかないほどに…

場所は高田馬場、HOTHOUSE。(絶対に通り過ぎてしまう場所にある…。)
お客が8人でいっぱいだとか、ママが怖いとか、料理がじゃんじゃん出てくるとか、
前評判(内部事情)を聞き、普通のライブに行く時の数十倍の緊張感でこの時を迎えた。
看板がこれだもの。一体・・・!?

スタートが21時半という恐ろしい設定。21時にようやく開場したらしく、入ると…


・・・話には聞いていたけれど、本っ当に狭い!!!!!!!
8畳ぐらい?そこにアップライトと大きなテーブル。
お客さんが6人。そして私とSさんの8人で本当にもういっぱい。
いきなり渋谷さんが目の前に座ってるし、峰さんはウロウロしてるし、もう無言の絶叫。
一見怖そうなママが「何飲む?!」と聞いてくれる。びくびくする我々。


そしてライブが始まった。ライブというよりは、友達の家での演奏会みたいな・・・。
だってこの距離!!!8畳にお客8人、アーティスト3人ですもの。



峰さんとの距離は50センチぐらい(失神
サックスのビンテージなにおいがするほど近い。低音の響きが…あー。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

そしてすごいのが、噂どおり料理がじゃんじゃん出てくる。
おせんべい、たけのこの煮物、ハムカツ、蕗とさつまあげの煮物、麻婆餃子、とんかつ、梅干し…。
大鉢で次々やってくるそれを、みんな無言で箸で取り、隣の人に回す。
なんだなんだこの雰囲気は!出てくる料理もおかしいぞ!

この豪華すぎる音楽を聴きながらおせんべいのポリポリ音が左右からステレオで…。
もう笑いをこらえるのに必死。目が泳いでしまった。

それより、峰さんも林さんもあまりに目の前で、とてもじゃないけど
せんべい食べながら観るなんて!!!



見てよこれ。渋谷さんの演奏がこんな近くで・・・(放心
しかもテーブルの上は料理がいっぱい。
念押ししますがここはライブハウスです。
(曲間に料理を食べたら、どれもおいしくてそれがまた可笑しいのなんの)

Love you madlyのピアノソロ、渋谷さんはとっても軽やかに弾いてて、
お客さんも楽しそうにリズムを取って観ていたけど、私は泣きそうだった。
胸がいっぱいというか、あんまり綺麗なメロディと音がひとつひとつココロに響いて…(ρ_ ;)
真後ろだったので指が左手の小指しか見えなかったけど、
ベースラインの勉強になった。今日も渋谷さんばっかり見てた。



生で林さんを観るのは初めて。
くわえる角度がすごい。あとフラジオもすごい。
ソウルフルで熱い音。技はすごいのに嫌味がまったくない。釘付け。




そしてファースト、セカンドが終わると同じテーブルで飲みが始まる…
私もSさんも、この状況を覚悟はしてはいたものの脳内はパニック。

でも優しいお三方は誰が何を聞いても、話しかけても普通に応えてくれる。
峰さんのストラップは手作りなこと、リードはQUEENというのを使っていること、
渋谷さんは練習が嫌いなこと 笑
林さんは「楽器に必要なのは練習と探究心」って名言を。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Sさんが渋谷さんに「Lost in the starsの譜面見せてもらってもいいですか」と言うと
「あーいいよ、あげるよ。」って(!!!!!!!!!)で、渋谷さんは持ってなくて、林さんの持っていたものをくれた。(悶絶)
「もうこの曲100回ぐらいやってるから…」(渋谷さん

頂いた譜面を真剣に見ていると、渋谷さんが「楽器やってるの?」と聞いて下さったので
「お二人(渋谷さんと峰さん)のコピーをしてるんですよ」と
持っていたサックス譜を見せると「ちょっと見たい」って譜面を手に(!)
見ながら「あー峰さんて感じ」というような事を言うと
峰さんは譜面を見て「俺はこんなに黒々してないぞ」だって 笑


私が耳コピして作った譜面を見ている渋谷さん・・・
もうこの状況に脳みそがついていかない。写真もブレブレ!
(見終わったら「ふふふふふ」って返してくれた いったいどんな意味 笑)

峰さんはほろ酔いで「同じ"吹き仲間"が来てくれるとうれしいねぇ」と言ってくれた。
私たちみたいなお子様にそんな言葉を掛けてくださるとはなんて優しい人なんでしょう…

私の持ってる一眼レフを「それデジカメ?」と聴く渋谷さん。
「はい」と言うと「ちょっと見せて、壊さないから」って(!)
「デジカメ安いと思って買うんだけどさ、シャッタースピードが遅くてブレる」って 笑
その上写真を撮ってもらった。渋谷さんに写真撮ってもらうなんて・・・(卒倒
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
熱の入ったセカンド。峰さんすごかったなぁ。
最後にルッキンやってくれてもうおなかいっぱい。

セカンドが終わったのが0時過ぎ。そしてみんなでなぜかTVを見る・・・
ちょうど小学生のジャズバンドのドキュメントをやっていて、
鬼の形相で教えるスパルタ音楽教師に一同爆笑。

見ながら、峰さんはキャベツにソース掛けすぎて「バランスが・・・」って。
そしてキャベツを取って「あ、今度は取り過ぎ」ってもう~~~笑

最後に御三方と一緒に写真を撮ってもらった。
Sさんがカメラを構えると峰さんが「あれ彼氏?」と聞くので
「違いますよー」と言うと「んじゃ」とか言って腰に手を回してきた(!)
二枚目の写真では「半ケツしよう半ケツ」っていすを半分譲ってくれて肩に手!笑
これ↓


帰り際、渋谷さんと写真も撮ってもらい、握手も…(ミーハー
「がんばってね」って言って下さった。
何気ない一言だったけど、私にとっては最高に嬉しい一言で感激。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
帰り道…
「もう思い残す事はない・・・」「最後の「がんばってね」だけで15年がんばれる」
などとイチローや松井に会えた野球少年かの如く興奮しておりました。

皆さん酔っ払ってたので覚えてないとは思いますが、
私たちにとっては一生忘れられない伝説の夜となりました。

渋谷さん、峰さん、林さん、そしてHOTHOUSEのママ…ありがとうございました。
これからも素敵な音楽を聞かせてください。 

リンク→渋谷さん   峰さん  林さん  HOT HOUSE

記事URL l 渋谷毅さん l コメント (2) l トラックバック (0)  l ▲top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。